プログラム

*CATとはクリエイティブ・アーツ・
セラピーの略称です。

2019 年 3 月 1 日

2019年3月以降の予定

2019年3月以降の予定をお知らせします。

◆目次◆
1. 親子プログラム
2. 子ども向けプログラム
3. 一般、子どもと関わる大人 、保護者向けプログラム
4. 支援者向けプログラム
5. その他

1. 親子プログラム (子どもゆめ基金事業、杉並子育て応援券対応など)

①コドモと楽しむモノづくりワークショップ(3/9、4/13)*スタジオ

親子でモノづくりを楽しむワークショップです。立派な作品を完成することよりも、作品のアイディアやストーリーを親子で共有したり、皆で一緒に作る過程を大切にしています。

3/9(土)「ランプシェード作り」
13:00~14:30 (キャンセル待ち)、15:00~16:30 (キャンセル待ち)
アクリル板と和紙に装飾を施して、キラキラのランプシェードを作ります。貼ったり、切り抜いたり、親子で工夫してオリジナルのシェードを作りましょう。
4/13(土)「布こいのぼりを作ろう」13:00~14:30、15:00~16:30 
縫製された無地の魚型をベースに、端切れをうろこ状に貼り付けたり、絵を描いたり、色鮮やかにデコレーションしていきます。子どもの成長を祝う節句の記念に、親子で楽しく作りましょう。

対象者:1歳から小学生親子
開催日時:毎月第2土曜日13:00~と15:00~ (8月は除く)
参加費:親子で3000円 *杉並子育て応援券利用可。
詳しくは年間予定のページをどうぞ。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページをどうぞ。

②乳幼児親子向け「えほんの時間」(子どもゆめ基金助成事業)(3/20他) *スタジオ

「えほんの時間」では、絵本の読み聞かせと季節の絵本の紹介を行った後、小さなお子様と一緒に楽しめる簡単な創作や遊びを行います。
3/20 10:00~11:00「春」「新しいスタート」「桜」など季節の絵本の読み聞かせの後に、お花の風車作りを行います。

対象者:0〜3歳くらいまでの乳幼児親子
参加費:無料(申込不要、定員になり次第、受付終了となります。)
詳細は、えほんの時間のページへどうぞ。

2. 子ども向けプログラム

①子どものグループアートセラピー(2019年4月〜)*スタジオ

園や学校などの集団で困り感を持っている、自分をうまく表現できない、創作や描画に苦手意識が強い、不安や緊張が高い、など課題を感じているお子様のためのグループセラピーです。お子様の様子を見ながら、目標やプランを決めて取り組んでいきます。新年度からの参加にご興味のある方は、お問い合わせください。(初回と2回目のグループに体験参加が可能。)

対象年齢:5歳から小学生
1クール(学期):7-10回程度
開催日時:不定期の金曜日16:00〜17:15
お問い合わせ: studio@apconcept.jpまで。
詳細は、子どものグループセラピーのページへどうぞ。

②キッズ・こころのケアグループ(子どもゆめ基金助成事業)(3/10他)*信濃町真生会館

家族の死別・離別、家庭内の暴力など、困難を抱えた家庭で育った背景がある子どもたちが、アート創作の時間を通して、自分のペースで話したいことを話したり同年代のお子さんのお話を聞いたりすることで、抱えている負担を少しでも軽くし、「自分は1人じゃない」と感じる場を提供すること、子どもたちが本来の自分らしさを取り戻す過程をサポートすることが目的です。信濃町の会場にて月1回実施します。
お申込及び詳細は、キッズ・こころのケアグループのページへどうぞ。

3. 一般、子どもと関わる大人 ・ 保護者向けプログラム

①子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (4/11他) *スタジオ

毎月第2、第4木曜日(両方またはいずれか)開催しています。簡単なワークシートや体験ワークを用い、子どもの表現しているものとその奥底にある子どもの気持ちについて理解を深めていきます。子どもと関わる方ならどなたでもどうぞ。今月は講師の都合によりお休みとなります。次回4/11(木)10:00-11:30のみの開催です。テーマは「子ども遊びとは?」
対象者:保護者、または子どもと関わる大人どなたでも。(子連れ参加可能、プレイスペースあり)
日時:毎月第2、第4木曜日(両方またはいずれか)10:00~11:30
参加費:3000円 ※杉並子育て応援券・ゆりかご券利用可。
詳細は、子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座のページへどうぞ。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページへどうぞ。

②子育て中のカウンセリング(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (随時)*スタジオ

杉並子育て・ゆりかご応援券対応のカウンセリングについてご予約を随時承っております。スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページへどうぞ。

③個人セッション、家族セッション、スーパービジョン(随時)*スタジオ

大人、子ども、親子の個人セッションは、随時お申込みください。箱庭療法、アートセラピー、心理カウンセリング、支援者の方に向けたスーパービジョン他、来談される方のご希望に沿ってすすめていきます。
スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。
*お子様のセッションでは、事前に保護者よりお話を伺う時間を頂きます。

④女性用アートセラピーグループ(3/10他) *信濃町真生会館

喪失の体験、身近な人からの暴力、様々なトラウマなど、通りたくなかったけれど、通らないといけなくなってしまった道、そんな道を歩く中、言葉ではうまく言い表せないもの、言葉にはならない「何か」を抱えることがあります。そのような心の負担を減らしたり、回復していく手段の一つとしてアートセラピーを試してみませんか?3/10 のテーマ「いろいろな花」。

対象者:アートを通して心の負担を減らしたい女性
日時:毎月第2日曜日15:30-17:00 (4月、8月はお休み)
場所:信濃町真生会館(詳細は申込時にお知らせします)
参加費:1500円
お申込及び詳細は、女性用アートセラピーグループのページへどうぞ。

4. 支援者向けプログラム

①2019年度 心に働きかけるアートー対人援助者のためのスタディーグループー(2019年5月スタート)*スタジオ

2019年度の日程が決定しました。今年度と同じく全9回開催いたします。
お申込及び詳細は、2019年度心に働きかけるアートのページへどうぞ。

5. その他のクリエイティブ・アーツセラピー情報

①JCATA主催『無意識の心理とボニー式音楽イメージ療法』

無意識が人の言動・行動に及ぼす影響や、非日常状態を用いてその無意識にある問題を解決していく心理療法・ボニー式音楽イメージ療法(GIM)をご紹介します。非日常状態とは何か。音楽がどのように働くのか。トランスパーソナル心理学が何を伝えているか。また無意識の療法からどのような効果が得られるのか。前半は実際に音楽を聴きアートや症例のお話を、後半はグループでボニー式GIMを体験します。

日時:2019年3月3日(日)10:00~16:00
場所:IKE・Biz(としま産業振興プラザ)
講師:吉原奈美(音楽療法士)
対象:心理・福祉などの現場で活動している方で、クリエイティブ・アーツセラピーに興味がある方。今後そういった支援に携わりたい方
主催:日本クリエイティブ・アーツセラピー学会(JCATA)
お申込・詳細は団体HPまで(近日中に公開)

②Treehouse Studio 主催「ドラマワーク・ファシリテーター・トレーニング」

ドラマワーク・ファシリテーター・トレーニングは、教育、福祉などの場でドラマワークを活用したい方のための講座です。ドラマセラピーの過程を体験しながら、ドラマセラピーの代表的理論のほか、様々なドラマワークを学びます。ドラマセラピーの深さを体験的に知り、その上で、ご自身のドラマワークを安全にプランニング、デザインできるように教えていきます。

日時:2019年4月から2020年3月までの1年間月1回
場所 :東京都内 (詳しい場所は参加者にお知らせします)
主催団体:Treehouse Studio (代表中野左知子)
講師 :中野左知子 MA, RDT (北米ドラマセラピー学会公認ドラマセラピスト)
申し込み方法:メールにて(dt@sachinakano.com)
詳しくは、団体HPまで。

2019 年 1 月 31 日

2019年2月以降の予定

2019年2月以降の予定をお知らせします。

◆目次◆
1. 親子プログラム
2. 子ども向けプログラム
3. 一般、子どもと関わる大人 、保護者向けプログラム
4. 支援者向けプログラム
5. その他

1. 親子プログラム (子どもゆめ基金事業、杉並子育て応援券対応など)

①コドモと楽しむモノづくりワークショップ(2/9、3/9)*スタジオ

親子でモノづくりを楽しむワークショップです。立派な作品を完成することよりも、作品のアイディアやストーリーを親子で共有したり、皆で一緒に作る過程を大切にしています。
2/9(土)「オリジナルフラッグ作り」
13:00~14:30 (残り1組)、15:00~16:30(参加者募集中)
布の端切れなどを使ってオリジナルのフラッグを作ります。ペナントやガーラント、四角い旗などの土台に、自分らしい色やシンボルをデコレーションしていきます。
3/9(土)「ランプシェード作り」
13:00~14:30 (残り1組)、15:00~16:30 (残り1組)
アクリル板と和紙に装飾を施して、キラキラのランプシェードを作ります。貼ったり、切り抜いたり、親子で工夫してオリジナルのシェードを作りましょう。

対象者:1歳から小学生親子
開催日時:毎月第2土曜日13:00~と15:00~ (8月は除く)
参加費:親子で3000円 *杉並子育て応援券利用可。
詳しくは年間予定のページをどうぞ。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページをどうぞ。

②乳幼児親子向け「えほんの時間」(子どもゆめ基金助成事業)(2/20、3/20他) *スタジオ

「えほんの時間」では、絵本の読み聞かせと季節の絵本の紹介を行った後、小さなお子様と一緒に楽しめる簡単な創作や遊びを行います。
2/20(水)10:00~11:00「冬の終わり」「春の訪れ」3/20 10:00~11:00「春」「新しいスタート」など季節の絵本の読み聞かせの後に、お花紙、風船などを使ったアートを行います。

対象者:0〜3歳くらいまでの乳幼児親子
参加費:無料(申込不要、定員になり次第、受付終了となります。)
詳細は、えほんの時間のページへどうぞ。

2. 子ども向けプログラム

①子どものグループアートセラピー(2019年4月〜)*スタジオ

園や学校などの集団で困り感を持っている、自分をうまく表現できない、創作や描画に苦手意識が強い、不安や緊張が高い、など課題を感じているお子様のためのグループセラピーです。お子様の様子を見ながら、目標やプランを決めて取り組んでいきます。新年度からの参加にご興味のある方は、お問い合わせください。(初回と2回目のグループに体験参加が可能。)

対象年齢:5歳から小学生
1クール(学期):7-10回程度
開催日時:不定期の金曜日16:00〜17:15
お問い合わせ: studio@apconcept.jpまで。
詳細は、子どものグループセラピーのページへどうぞ。

②キッズ・こころのケアグループ(子どもゆめ基金助成事業)(2/10、3/10他)*信濃町真生会館

家族の死別・離別、家庭内の暴力など、困難を抱えた家庭で育った背景がある子どもたちが、アート創作の時間を通して、自分のペースで話したいことを話したり同年代のお子さんのお話を聞いたりすることで、抱えている負担を少しでも軽くし、「自分は1人じゃない」と感じる場を提供すること、子どもたちが本来の自分らしさを取り戻す過程をサポートすることが目的です。信濃町の会場にて月1回実施します。
お申込及び詳細は、キッズ・こころのケアグループのページへどうぞ。

3. 一般、子どもと関わる大人 ・ 保護者向けプログラム

①子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (2/14他) *スタジオ

毎月第2、第4木曜日(両方またはいずれか)開催しています。簡単なワークシートや体験ワークを用い、子どもの表現しているものとその奥底にある子どもの気持ちについて理解を深めていきます。子どもと関わる方ならどなたでもどうぞ。今月は第2木曜の2/14(木)10:00-11:30のみの開催です。テーマは「子どもの言語・非言語表現とは?」。

対象者:保護者、または子どもと関わる大人どなたでも。(子連れ参加可能、プレイスペースあり)
日時:毎月第2、第4木曜日(両方またはいずれか)10:00~11:30
参加費:3000円 ※杉並子育て応援券・ゆりかご券利用可。
詳細は、子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座のページへどうぞ。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページへどうぞ。

②子育て中のカウンセリング(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (随時)*スタジオ

杉並子育て・ゆりかご応援券対応のカウンセリングについてご予約を随時承っております。スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページへどうぞ。

③個人セッション、家族セッション、スーパービジョン(随時)*スタジオ

大人、子ども、親子の個人セッションは、随時お申込みください。箱庭療法、アートセラピー、心理カウンセリング、支援者の方に向けたスーパービジョン他、来談される方のご希望に沿ってすすめていきます。
スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。
*お子様のセッションでは、事前に保護者よりお話を伺う時間を頂きます。

④女性用アートセラピーグループ(2/10、3/10他) *信濃町真生会館

喪失の体験、身近な人からの暴力、様々なトラウマなど、通りたくなかったけれど、通らないといけなくなってしまった道、そんな道を歩く中、言葉ではうまく言い表せないもの、言葉にはならない「何か」を抱えることがあります。そのような心の負担を減らしたり、回復していく手段の一つとしてアートセラピーを試してみませんか?2/10 のテーマ「心が温かくなるとき」。

対象者:アートを通して心の負担を減らしたい女性
日時:毎月第2日曜日15:30-17:00 (4月、8月はお休み)
場所:信濃町真生会館(詳細は申込時にお知らせします)
参加費:1500円
お申込及び詳細は、女性用アートセラピーグループのページへどうぞ。

4. 支援者向けプログラム

①心に働きかけるアートー対人援助者のためのスタディーグループー(2/8)*スタジオ

対人援助に携わる方を対象としたスタディーグループです。今年度も残すところ1回、アートを通したセルフケアを体験していきます。2/8のテーマは、「支援において一粒の雫から波及していくこと」です。素材の力を借りながら、支援者としての自分と他者、社会との関わりについて気づきを得る機会にしたいと考えます。単発での参加も歓迎です。

対象者:教育、医療、福祉、心理などの領域で対人援助を行っている方。アートセラピーを勉強中の方
日時:原則的に第2金曜日の19:00~21:00。
参加費:4500円
お申込及び詳細は、2018年心に働きかけるアートのページへどうぞ。

②2019年度 心に働きかけるアートー対人援助者のためのスタディーグループー(2019年5月スタート)*スタジオ

2019年度の日程が決定しました。今年度と同じく全9回開催いたします。
お申込及び詳細は、2019年度心に働きかけるアートのページへどうぞ。

5. その他のクリエイティブ・アーツセラピー情報

①JCATA主催『無意識の心理とボニー式音楽イメージ療法』

無意識が人の言動・行動に及ぼす影響や、非日常状態を用いてその無意識にある問題を解決していく心理療法・ボニー式音楽イメージ療法(GIM)をご紹介します。非日常状態とは何か。音楽がどのように働くのか。トランスパーソナル心理学が何を伝えているか。また無意識の療法からどのような効果が得られるのか。前半は実際に音楽を聴きアートや症例のお話を、後半はグループでボニー式GIMを体験します。

日時:2019年3月3日(日)10:00~16:00
場所:IKE・Biz(としま産業振興プラザ)
講師:吉原奈美(音楽療法士)
対象:心理・福祉などの現場で活動している方で、クリエイティブ・アーツセラピーに興味がある方。今後そういった支援に携わりたい方
主催:日本クリエイティブ・アーツセラピー学会(JCATA)
お申込・詳細は団体HPまで(近日中に公開)

②Treehouse Studio 主催「ドラマワーク・ファシリテーター・トレーニング」

ドラマワーク・ファシリテーター・トレーニングは、教育、福祉などの場でドラマワークを活用したい方のための講座です。ドラマセラピーの過程を体験しながら、ドラマセラピーの代表的理論のほか、様々なドラマワークを学びます。ドラマセラピーの深さを体験的に知り、その上で、ご自身のドラマワークを安全にプランニング、デザインできるように教えていきます。

日時:2019年4月から2020年3月までの1年間月1回
場所 :東京都内 (詳しい場所は参加者にお知らせします)
主催団体:Treehouse Studio (代表中野左知子)
講師 :中野左知子 MA, RDT (北米ドラマセラピー学会公認ドラマセラピスト)
申し込み方法:メールにて(dt@sachinakano.com)
詳しくは、団体HPまで。

2018 年 12 月 30 日

【2019年】コドモと楽しむモノづくりワークショップ

毎月第2土曜日に開催中の「コドモと楽しむモノ作りワークショップ」は、週末に親子で参加頂けるプログラムです。
創作を通して親子で楽しい時間を過ごすこと、様々な素材に慣れ親しんでいくことを目的としています。
「家族のフォトフレーム作り」「キラキラランプシェード」「フラッグ作り」「木の家づくり」など毎月テーマを決めて創作します。
年間予定をご参照の上、お早めにお申込みください。

開催日:毎月第2土曜日
時間:第1回目 13:00-14:30 第2回目 15:00-16:30
場所:アップコンセプト・スタジオにて(杉並区下井草4-31-15)
参加費: 親子で2500円(材料費込)
※杉並子育て応援券が使用できます。

【年間予定】
1/12 「家族のフォトフレーム作り」(木製フレーム、タイル、毛糸、ビーズなど)
2/9  「オリジナルフラッグ作り」(布はぎれ、ラメ、ビーズ、羽根など)
3/9 「ランプシェードを作ろう(アクリル板、ミニランプ、和紙、セロファンなど)
4/13 「布こいのぼりを作ろう」(布はぎれ、布クレヨン、糸、ボタンなど)
5/11 「UVレジンのアクセサリー」(押し花、貝殻、ラメ、UVレジン)
6/8  「スタンプアートのエコバック」(アクリル絵の具、端材、消しゴム、夏野菜など)
7/13  「和紙のうちわ」(お花紙、和紙、色水」
8月   お休み
9/14 「コラージュボード」(発砲ボード、雑誌の切り抜き他)
10/12 「手作りジオラマ」(クラフトボックス、粘土他)
11/9 「秋のリース」(どんぐり、松ぼっくり、枝、自然素材)
12/14 「木のお家作り」(木板、クラフト材)

講師: 早川正浩 (はやかわまさひろ)
カリフォルニア州立大学ロングビーチ校芸術学部アート専攻卒業。株式会社サニーアワーズにてオリジナルの子ども雑貨の製造販売、国内外の玩具や文具の仕入れに携わる他、国内のイベントやフェスなどで子どもや親子向けワークショップの企画実施を行っている。

チラシはこちら→コドモと楽しむモノづくり2019

お申し込みはこちら

2018 年 12 月 29 日

【2019年】子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座

毎月第2・4木曜日の両方、またはいずれか10時より、アップコンセプトで開催中。
保護者及び子どもと関わる方を対象とした勉強会です。
 
言葉が未発達な子どもたちは、遊びや絵、しぐさや行動などによって自分の気持ちを表現しています。子どもの心のサインをどのように読み取り、返していくのか、実際の事例や体験を交えながら学んでいきます。
子育て中の方、子どもと関わる方であればどなたでもご参加頂けます。
※お子様連れでご参加できますが、託児などがございませんので目を離さないようにお願い致します。
 
各回ごとにテーマを定め、子どもの発達や、心理学の考え方などにも触れていきます。身近に関わる子どもを客観的に見つめ直し、対応していく上でのヒントが得られるかもしれません。
また、体験を通してお子様やご自身への理解を深める時間も盛り込みます。実際に簡単なアートワークを行い、色や形で表されたものから、無意識にあるものに気付いたり、自分自身と対話するような感覚を体験します。
これらの体験は、子供達がどのように非言語で内的世界を表現しているか理解する手がかりとなるかもしれません。簡単な色塗りなどですので、アートの経験やスキルは一切必要ありません。
 
 
-------------------------------------
日時:毎月第2・4木曜日の両方、またはいずれか10:00~11:30(月例予定をご確認ください。) 
 
場所:アップコンセプト・スタジオ
 
参加対象者:子育て中の保護者、子どもと関わる方
 
参加費:3000円※杉並子育て応援券が使えます
 
講師:倉石聡子(臨床心理士、アートセラピスト)
 
お申込み方法:当団体ホームページ、プログラムの予約フォームより。
または、メール(studio@apconcept.jp)でお名前と参加希望日をご連絡ください。
 
お問合せ:studio@apconcept.jpまたは070-6635-1515(スタジオ直通)
 
 
●年間予定*テーマや内容は予告なく変更する場合があります。
 
1月 勉強会「子どもの自己肯定感とは?」 アートセラピーの体験「丸画」
 
2月 勉強会「子どもの言葉表現とは?」 アートセラピーの体験「言葉のアート」
 
3月 勉強会「子どもの描くアート」 アートセラピーの体験「線と点」
 
4月 勉強会「子どもの遊び」 アートセラピーの体験「スクリブル」
 
5月 勉強会「子どもの心のテーマとは?」 アートセラピーの体験「木のシンボル」
 
6月 勉強会「子どもの好き嫌いは?」 アートセラピーの体験「好き」と「嫌い」
 
7月 勉強会「子どもの五感、身体感覚って?」 アートセラピーの体験「体にフォーカスする」
 
8月 お休み
 
9月 勉強会「子どもの身体が表現するものとは?」 アートセラピーの体験「自分の身体と色」
 
10月 勉強会「子どもの感情発達とは?」 アートセラピーの体験「感情を色や形で表現する」
 
11月 勉強会「子どもの想像力とは?」 アートセラピーの体験「この扉を開けたら」
 
12月 勉強会「子どものレジリエンスとは?」 アートセラピーの体験「一年を振り返る」
 
 
お申し込みはこちら
 

2018 年 12 月 28 日

2019年1月以降の予定

◆目次◆
1. 親子プログラム
2. 子ども向けプログラム
3. 一般、子どもと関わる大人 、保護者向けプログラム
4. 支援者向けプログラム
5. その他

1. 親子プログラム (子どもゆめ基金事業、杉並子育て応援券対応など)

・コドモと楽しむモノづくりワークショップ(1/12、2/9)*スタジオ

親子でモノづくりを楽しむワークショップです。お子様の参加対象年齢は1歳から小学生まで。立派な作品を完成することよりも、作品のアイディアやストーリーを親子で共有したり、皆で一緒に作る過程を大切にしています。第2土曜日午後、杉並子育て応援券利用可。
1/12(土)13:00~14:30、15:00~16:30「フォトフレーム作り」
家族のお気に入りの写真を一枚持ち寄って、思い出について語り合いながら木のフォトフレームに家族らしい色や模様で飾り付けを施していきます。
2/9(土)13:00~14:30、15:00~16:30「オリジナルフラッグ作り」
布の端切れなどを使ってオリジナルのフラッグを作ります。ペナントやガーラント、四角い旗などの土台に、自分らしい色やシンボルをデコレーションしていきます。
詳しくは年間予定のページをどうぞ。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページをどうぞ。

・乳幼児親子向け「えほんの時間」(子どもゆめ基金助成事業)(1/16、2/20他) *スタジオ

乳幼児親子向けの「えほんの時間」では、絵本の読み聞かせと季節の絵本の紹介を行った後、小さなお子様と一緒に楽しめる簡単な創作や遊びを行います。参加費無料、申込み不要です。定員になり次第、受付終了となります。
1/16(水)10:00~11:00「新年」「冬」をテーマにした絵本の読み聞かせの後にポストカードに今年の色やシンボルを使って書き初め風アートを行います。
詳細は、えほんの時間のページへどうぞ。

2. 子ども向けプログラム

・子どものグループアートセラピー(2019年1月〜)*スタジオ

園や学校などの集団で困り感を持っている、自分をうまく表現できない、創作や描画に苦手意識が強い、不安や緊張が高い、など課題を感じているお子様のためのグループセラピーです。対象年齢は5歳から小学生。お子様の様子を見ながら、目標やプランを決めて取り組んでいきます。開催は1クール7-10回程度、不定期の金曜日16:00〜17:15。1月からの参加にご興味のある方はお問い合わせください。初回と2回目(1/11、1/25)のグループに体験参加が可能です。
お問い合わせは、studio@apconcept.jpまで。
詳細は、子どものグループセラピーのページへどうぞ。

・キッズ・こころのケアグループ(子どもゆめ基金助成事業)(1/13、2/10他)*信濃町真生会館

家族の死別・離別、家庭内の暴力など、困難を抱えた家庭で育った背景がある子どもたちが、アート創作の時間を通して、自分のペースで話したいことを気軽に話したり同年代のお子さんのお話を聞いたりすることで、抱えている負担を少しでも軽くし、「自分は1人じゃない」と感じる場を提供すること、子どもたちが本来の自分らしさを取り戻す過程をサポートすることが目的です。信濃町の会場にて月1回実施します。
お申込及び詳細は、キッズ・こころのケアグループのページへどうぞ。

3. 一般、子どもと関わる大人 ・ 保護者向けプログラム

・子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (1/24他) *スタジオ

毎月第2、第4木曜日(両方またはいずれか)開催しています。簡単なワークシートや体験ワークを用い、子どもの表現しているものとその奥底にある子どもの気持ちについて理解を深めていきます。子どもと関わる方ならどなたでもどうぞ。小グループで実施、プレイスペースをご用意していますのでお子様連れも大歓迎です。今月は第4木曜日10:00-11:30のみの開催です。テーマは「子どもの自己肯定感とは?」。
日時:1/24(木)10:00-11:30
参加費:3000円 ※杉並子育て応援券・ゆりかご券利用可。
詳細は、子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座のページへどうぞ。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページへどうぞ。

・子育て中のカウンセリング(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (随時)*スタジオ

杉並子育て・ゆりかご応援券対応のカウンセリングは、ご予約を随時承っております。スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページへどうぞ。

・個人セッション、家族セッション、スーパービジョン(随時)*スタジオ

大人、子ども、親子の個人セッションは、随時お申込みください。箱庭療法、アートセラピー、心理カウンセリング、支援者の方に向けたスーパービジョン他、来談される方のご希望に沿ってすすめていきます。
*お子様のセッションでは、事前に保護者よりお話を伺う時間を頂きます。
スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。

・女性用アートセラピーグループ(1/13、2/10他) *信濃町真生会館

第2日曜日午後、信濃町にて開催。身近な人からの暴力や喪失の体験、様々なトラウマなど、通りたくなかったけれど、通らないといけなくなってしまった道、そんな道を歩く中、言葉ではうまく言い表せないもの、言葉にはならない「何か」を抱えることがあります。そのような心の負担を減らしたり、回復していく手段の一つとしてアートセラピーを試してみませんか?アートを通して心の負担を減らしたい女性の方が対象です。1/13 のテーマ「新しい年に願うこと」。
お申込及び詳細は、女性用アートセラピーグループのページへどうぞ。

4. 支援者向けプログラム

・心に働きかけるアートー対人援助者のためのスタディーグループー(1/11、2/8他)*スタジオ

対人援助に携わる方を対象としたスタディーグループです。今年度残り2回は体験グループとなり、アートを通したセルフケアを実際に体験していきます。1/11のテーマは、「自分のコアにあるもの」です。素材の力を借りながら、自分の信念や、中心にある理念について理解を深め、今後の糧にできればと思います。単発での参加も歓迎です。
*原則的に毎月第2金曜日の19:00~21:00。
お申込及び詳細は、2018年心に働きかけるアートのページへどうぞ。

・2019年度 心に働きかけるアートー対人援助者のためのスタディーグループー(2019年5月スタート)*スタジオ

2019年度の日程が決定しました。今年度と同じく全9回開催いたします。
お申込及び詳細は、2019年度心に働きかけるアートのページへどうぞ。

2018 年 12 月 27 日

【2019年】女性用アートセラピーグループ

身近な人からの暴力や喪失の体験、様々なトラウマなど、通りたくなかったけれど、通らないといけなくなってしまった道、そんな道を歩く中、言葉ではうまく言い表せないもの、言葉にはならない「何か」を抱えることがあります。アートセラピーはそのような心の負担を減らす手段の一つです。試してみませんか?アートの経験や上手・下手は一切問いません。

【会場】信濃町 真生会館4F 新宿区信濃町33-4(JR信濃町駅 徒歩1 分)

【日時】毎月第2日曜日 15:30~17:00

(2019/1/13、2/10、3/10、4月はお休み、5/12、6/9、7/14、8月はお休み、9/8、10/13、11/10、12/8)

【対象】アートを通して心の負担を減らしたい女性

【定員】8名

【参加費】各回1500円

【ファシリテーター】倉石聡子(アートセラピスト、臨床心理士)他

【テーマ】
1 月13 日(日)15:30~17:00
テーマ「新しい年に願うこと」

2 月10日(日)15:30~17:00
テーマ「心が温かくなるとき」

3 月10日(日)15:30~17:00
テーマ「いろいろな花」

4月 お休み

5月以降のテーマは随時アップしていきます。

※内容は人数やグループ構成により変更となる場合もあります。

参加を希望される場合は下記の情報を明記の上、studio@apconcept.jp までご連絡ください。数日以内に折り返しご連絡をさせていただきます。

 

2018 年 11 月 30 日

2018年12月以降の予定

2018年12月以降の予定をお知らせします。

◆目次◆
1 親子プログラム
2 子ども向けプログラム
3 一般、子どもと関わる大人 ・ 保護者向けプログラム
4 支援者向けプログラム
5 その他

1. 親子プログラム (子どもゆめ基金事業、杉並子育て応援券対応など)

・コドモと楽しむモノづくりワークショップ(12/8、1/12他 )*スタジオ
親子でモノづくりを楽しむワークショップです。お子様の参加対象年齢は1歳から小学生まで。立派な作品を完成することよりも、作品のアイディアやストーリーを親子で共有したり、皆で一緒に作る過程を大切にしています。第2土曜日午後、杉並子育て応援券利用可。
12/8(土)13:00~14:30、15:00~16:30「木のお家づくり」
簡単な木工作で家を組み立てた後は、外壁や中の壁に色を塗ったり、家具などを工作したり、布でカーテンやじゅうたんを作ったり、それぞれの家を楽しく飾っていきます。
1/12(土)13:00~14:30、15:00~16:30「フォトフレーム作り」
家族のお気に入りの写真を一枚持ち寄って、思い出について語り合いながら木のフォトフレームに家族らしい色や模様で飾り付けを施していきます。

年間予定は、 http://apconcept.jp/studio/2018/01/30/14-22-10/
杉並子育て応援券のページ http://www.city.suginami.tokyo.jp/kosodate/ouenken/service/hureai/monodukuri/1034613.html

・乳幼児親子向け「えほんの時間」(子どもゆめ基金助成事業)(12/19他) *スタジオ
乳幼児親子向けの「えほんの時間」では、絵本の読み聞かせと季節の絵本の紹介を行った後、小さなお子様と一緒に楽しめる簡単な創作や遊びを行います。参加費無料、申込み不要です。定員になり次第、受付終了となります。
12/19(水)10:00~11:00「クリスマス」「年越しをテーマにした絵本の読み聞かせの後に、松ぼっくりを使ったミニツリーアートを行います。
詳細は http://apconcept.jp/studio/2018/04/10/09-34-37/

2. 子ども向けプログラム
・子どものグループアートセラピー(2019年1月~)*スタジオ

園や学校などの集団で困り感を持っている、自分をうまく表現できない、創作や描画に苦手意識が強い、不安や緊張が高い、など課題を感じているお子様のためのグループセラピーです。対象年齢は5歳から小学生。お子様の様子を見ながら、目標やプランを決めて取り組んでいきます。開催は1クール7-10回程度、不定期の金曜日16:00~17:15。1月からの参加にご興味のある方はお問い合わせください。
studio@apconcept.jp
グループについては、http://apconcept.jp/studio/2018/04/10/09-24-20/

・キッズ・こころのケアグループ(子どもゆめ基金助成事業)(12/9、1/13 他)*信濃町真生会館
家族の死別・離別、家庭内の暴力など、困難を抱えた家庭で育った背景がある子どもたちが、アート創作の時間を通して、自分のペースで話したいことを気軽に話したり同年代のお子さんのお話を聞いたりすることで、抱えている負担を少しでも軽くし、「自分は1人じゃない」と感じる場を提供すること、子どもたちが本来の自分らしさを取り戻す過程をサポートすることが目的です。信濃町の会場にて月1回実施します。
お申込及び詳細は、http://apconcept.jp/category/other_program/kids-care/

3. 一般、子どもと関わる大人 ・ 保護者向けプログラム

・子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (12/13) *スタジオ
毎月第2、第4木曜日(両方またはいずれか)開催しています。簡単なワークシートや体験ワークを用い、子どもの表現しているものとその奥底にある子どもの気持ちについて理解を深めていきます。子どもと関わる方ならどなたでもどうぞ。小グループで実施、プレイスペースをご用意していますのでお子様連れも大歓迎です。今月は第2木曜日10:00-11:30のみの開催です。
日時:12/13(木)10:00-11:30
参加費:3000円 ※杉並子育て応援券・ゆりかご券利用可。
講座詳細は http://apconcept.jp/studio/2018/04/29/14-29-33/
または杉並子育て応援券のページ http://www.city.suginami.tokyo.jp/kosodate/ouenken/service/oya/suport/1028069.html

・子育て中のカウンセリング(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (随時)*スタジオ
杉並子育て・ゆりかご応援券対応のカウンセリングは、ご予約を随時承っております。スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。http://apconcept.jp/studio
杉並子育て応援券のページ http://www.city.suginami.tokyo.jp/kosodate/ouenken/service/oya/counseling/1028068.html

・個人セッション、家族セッション、スーパービジョン(随時)*スタジオ大人、子ども、親子の個人セッションは、随時お申込みください。箱庭療法、アートセラピー、心理カウンセリング、支援者の方に向けたスーパービジョン他、来談される方のご希望に沿ってすすめていきます。
*お子様のセッションでは、事前に保護者よりお話を伺う時間を頂きます。
スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。http://apconcept.jp/studio

・女性用アートセラピーグループ(12/9、1/13 他) *信濃町真生会館
第2日曜日午後、信濃町にて開催。身近な人からの暴力や喪失の体験、様々なトラウマなど、通りたくなかったけれど、通らないといけなくなってしまった道、そんな道を歩く中、言葉ではうまく言い表せないもの、言葉にはならない「何か」を抱えることがあります。そのような心の負担を減らしたり、回復していく手段の一つとしてアートセラピーを試してみませんか?アートを通して心の負担を減らしたい女性の方が対象です。12/9 のテーマ「2018年はどんな年だった?」。
お申込及び詳細は、http://apconcept.jp/category/other_program/women-art/

4. 支援者向けプログラム

・心に働きかけるアートー対人援助者のためのスタディーグループー(12/14、1/11他)*スタジオ
対人援助に携わる方を対象としたスタディーグループです。12/14から3回は体験グループとなり、アートを通したセルフケアを実際に体験していきます。12/14のテーマは、「支援者としての理想と現実」です。素材の力を借りながら、ありたい自分と現実の自分について理解を深め、今後の糧としていくことが目的です。単発での参加も歓迎です。
スタディーグループ今後の開催日:2018/12/14、2019/1/11、2/8
*原則的に毎月第2金曜日の19:00~21:00。10月は10月8日(月・祝)の10:00~16:00に実施。
お申込及び詳細は、http://apconcept.jp/studio/2018/01/22/12-52-58/

・2019年度 心に働きかけるアートー対人援助者のためのスタディーグループー(2019年5月より)
2019年度の日程が決定しました。今年度と同じく全9回開催いたします。
お申込及び詳細は、http://apconcept.jp/studio/care-workers/2018/11/29/12-32-12/

2018 年 11 月 29 日

2019年度「心に働きかけるアート」開催日程が決定しました

2019年度も対人援助に携わる方を対象としたシリーズ全9回を実施します。

言語発達が未熟な子どもたち、言葉にするのが辛い経験をした人たち、思考にとらわれて本来の感情にアクセスするのが難しい人たちなど、言葉のみの働きかけでは十分な援助ができないと感じたことがあるかもしれません。

アートなどの諸芸術を用いたアプローチを取り入れて安全に相手の心に働きかけるためのヒントを、実際の体験を元にアートセラピーの考えに触れながら学んでいきます。テーマを選んでの参加、連続しての参加が可能です。

*この講座は臨床心理士資格取得者の研修機会として「定例型研修会」の承認を受けております。シリーズを通してご参加された方は、第2条第4項のポイントとして2ポイントをご申請いただけます。

対象者:教育、医療、福祉、心理などの臨床領域で対人援助を行っている方、今後対人援助に表現活動を取り入れたい方。

開催日:2019年5月10日(金)~2020年2月14日(金)
(5/10、6/14、7/12、9/13、10/14、11/8、12/13、1/10、2/14)

*原則的に毎月第2金曜日の19:00~21:00。8月はお休み、10月は10月14日(月・祝)のみ10:00~16:00に実施。

会場:アップコンセプト・スタジオ(予定)杉並区下井草4−31−15和光マンション1F

定員:8名

参加費:全回参加 42000円、単発の場合1回4500円(10/14のみ、1回9000円)
*ご予約は全回参加申込みの方を優先とさせていただきます。

講師:倉石聡子(アートセラピスト/臨床心理士)他

テーマ
(1)画材の特徴と心理的な影響
(2)心を開くことをサポートするアート
(3)ウォーミングアップ(導入)アート
(4)支援者の自己認識を高めるアート
(5)グループワークの形が与える影響
(6)クロージング(終結)のアート
(7)体験グループ①「支援者としての理想と現実」
(8)体験グループ②「自分のコアにあるもの」
(9)体験グループ③「支援において、一粒の滴から波及していくこと」

お申し込みはこちら

チラシのPDFはこちら→スタディーグループ2019

2018 年 11 月 21 日

グリーフサポートせたがやにて、「アートのちから」を開催しました

これまでも、都内の様々な活動でご一緒する機会のあったグリーフさぽーとせたがやにて、アップコンセプトの倉石が講師としてお話をする機会をいただきました。

当日は、グリーフサポートに関わる方々を中心にき、東北や九州からはるばる駆けつけてくださった参加者もおられました。

アートの持つ特性、癒しとのつながり、歴史的背景、実際の現場の様子などの話に加え、短いアートワークの時間を持つこともできました。

ご参加くださった方々、スタッフとしてきめ細やかにお手伝いくださった方々、ありがとうございました。

 

写真は、グリーフサポートせたがやのFBより。

2018 年 10 月 30 日

2018年11月以降の予定

2018年11月の予定をお知らせします。

◆目次◆
1 親子プログラム
2 子ども向けプログラム
3 一般、子どもと関わる大人 ・ 保護者向けプログラム
4 支援者向けプログラム
5 その他

1. 親子プログラム (子どもゆめ基金事業、杉並子育て応援券対応など)

・コドモと楽しむモノづくりワークショップ(11/10,12/8他 )*スタジオ
親子でモノづくりを楽しむワークショップです。お子様の参加対象年齢は1歳から小学生まで。立派な作品を完成することよりも、作品のアイディアやストーリーを親子で共有したり、皆で一緒に作る過程を大切にしています。第2土曜日午後、杉並子育て応援券利用可。
11/10(土) 13:00~14:30、15:00~16:30「秋の贈りもの」
どんぐりや松ぼっくりなど、秋の自然素材や秋らしい色合いの画材を用いて、秋のリースを作ります。リースの他にも、どんぐりを使ったオリジナル作品を親子で作っていきましょう。
12/8(土)13:00~14:30、15:00~16:30「木のお家づくり」
簡単な木工作で家を組み立てた後は、外壁や中の壁に色を塗ったり、家具などを工作したり、布でカーテンやじゅうたんを作ったり、それぞれの家を楽しく飾っていきます。
年間予定は、 http://apconcept.jp/studio/2018/01/30/14-22-10/
杉並子育て応援券のページ http://www.city.suginami.tokyo.jp/kosodate/ouenken/service/hureai/monodukuri/1034613.html

・乳幼児親子向け「えほんの時間」(子どもゆめ基金助成事業)(11/21他) *スタジオ
乳幼児親子向けの「えほんの時間」では、絵本の読み聞かせと季節の絵本の紹介を行った後、小さなお子様と一緒に楽しめる簡単な創作や遊びを行います。参加費無料、申込み不要です。定員になり次第、受付終了となります。
11/21(水)10:00~11:00「冬支度」「秋の終わり」などの季節をテーマにした絵本の読み聞かせの後に、枝や毛糸を使ったアートを行います。
詳細は http://apconcept.jp/studio/2018/04/10/09-34-37/

2. 子ども向けプログラム
・子どものグループアートセラピー(2019年1月~)*スタジオ

園や学校などの集団で困り感を持っている、自分をうまく表現できない、創作や描画に苦手意識が強い、不安や緊張が高い、など課題を感じているお子様のためのグループセラピーです。対象年齢は5歳から小学生。お子様の様子を見ながら、目標やプランを決めて取り組んでいきます。開催は1クール7-10回程度、不定期の金曜日16:00~17:15。1月からの参加にご興味のある方はお問い合わせください。
studio@apconcept.jp
グループについては、http://apconcept.jp/studio/2018/04/10/09-24-20/

・キッズ・こころのケアグループ(子どもゆめ基金助成事業)(11/11、12/9 他)*信濃町真生会館
家族の死別・離別、家庭内の暴力など、困難を抱えた家庭で育った背景がある子どもたちが、アート創作の時間を通して、自分のペースで話したいことを気軽に話したり同年代のお子さんのお話を聞いたりすることで、抱えている負担を少しでも軽くし、「自分は1人じゃない」と感じる場を提供すること、子どもたちが本来の自分らしさを取り戻す過程をサポートすることが目的です。信濃町の会場にて月1回実施します。
お申込及び詳細は、http://apconcept.jp/category/other_program/kids-care/

3. 一般、子どもと関わる大人 ・ 保護者向けプログラム

・子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (11/22) *スタジオ
毎月第2、第4木曜日(両方またはいずれか)開催しています。簡単なワークシートや体験ワークを用い、子どもの表現しているものとその奥底にある子どもの気持ちについて理解を深めていきます。子どもと関わる方ならどなたでもどうぞ。小グループで実施、プレイスペースをご用意していますのでお子様連れも大歓迎です。今月は第4木曜日10:00-11:30のみの開催です。
日時:11/22(木)10:00-11:30
参加費:3000円 ※杉並子育て応援券・ゆりかご券利用可。
講座詳細は http://apconcept.jp/studio/2018/04/29/14-29-33/
または杉並子育て応援券のページ http://www.city.suginami.tokyo.jp/kosodate/ouenken/service/oya/suport/1028069.html
・子育て中のカウンセリング(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (随時)*スタジオ
杉並子育て・ゆりかご応援券対応のカウンセリングは、ご予約を随時承っております。スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。http://apconcept.jp/studio
杉並子育て応援券のページ http://www.city.suginami.tokyo.jp/kosodate/ouenken/service/oya/counseling/1028068.html

・個人セッション、家族セッション、スーパービジョン(随時)*スタジオ大人、子ども、親子の個人セッションは、随時お申込みください。箱庭療法、アートセラピー、心理カウンセリング、支援者の方に向けたスーパービジョン他、来談される方のご希望に沿ってすすめていきます。
*お子様のセッションでは、事前に保護者よりお話を伺う時間を頂きます。
スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。http://apconcept.jp/studio

・女性用アートセラピーグループ(11/11、12/9 他) *信濃町真生会館
第2日曜日午後、信濃町にて開催。身近な人からの暴力や喪失の体験、様々なトラウマなど、通りたくなかったけれど、通らないといけなくなってしまった道、そんな道を歩く中、言葉ではうまく言い表せないもの、言葉にはならない「何か」を抱えることがあります。そのような心の負担を減らしたり、回復していく手段の一つとしてアートセラピーを試してみませんか?アートを通して心の負担を減らしたい女性の方が対象です。11/11 のテーマは「テーマ「ギフト」。
お申込及び詳細は、http://apconcept.jp/category/other_program/women-art/

4. 支援者向けプログラム

・心に働きかけるアートー対人援助者のためのスタディーグループー(11/9、12/14他)*スタジオ
対人援助に携わる方を対象としたスタディーグループです。11月9日は「クロージング(終結)のアート です。共に過ごした時間や期間問わず、最後をどのように締めくくるかによって何が心に残るか残らないかに影響を与えるものです。共有した時間と体験を尊重し、大切なものにするために必要なものは何か考えていきます。単発での参加も歓迎です。
スタディーグループ今後の開催日:2018/11/9、12/14、2019/1/11、2/8
*原則的に毎月第2金曜日の19:00~21:00。10月は10月8日(月・祝)の10:00~16:00に実施。
お申込及び詳細は、http://apconcept.jp/studio/2018/01/22/12-52-58/

5. その他の団体情報

・グリーフとわたしのなかの生きるちから~さまざまな道をともに歩む~
連続講座第3回「グリーフサポートとアートのちから」(11/18)
心の揺れやざわつき、もやもやした思い。グリーフを抱えると言葉にならない、言葉にできないことがたくさんわきおこります。ダギーセンター制作のドキュメンタリー『教育現場におけるグリーフサポート』(日本語字幕つき)を題材に、アートセラピストとして、描画や創作のプロセスに寄りそい、作品を介した心の声に耳を傾けてきた当団体の倉石聡子がアートのちからについてお話します。
日時:2018年11月18日(日)14:00-17:00
会場:世田谷文化生活情報センター「生活工房」
詳しくはグリーフサポートせたがやのHPまで。http://sapoko.org/activity/

« 前のページ