プログラム

*CATとはクリエイティブ・アーツ・
セラピーの略称です。

2019 年 5 月 30 日

2019年6月以降の予定

◆目次◆
親子プログラム
子ども向けプログラム
一般、子どもと関わる大人 、保護者向けプログラム
支援者向けプログラム
その他


1. 親子向けプログラム

●コドモと楽しむモノづくりワークショップ(6/8、7/13他*スタジオ

親子でモノづくりを楽しむワークショップです。立派な作品を完成することよりも、作品のアイディアやストーリーを親子で共有したり、皆で一緒に作る過程を大切にしています。

6/8(土)「スタンプアートのエコバッグ」13:00~14:30(満席)、15:00~16:30(残席わずか)
身近な廃材や、野菜の切り口などをスタンプに面白い形や模様を使って、親子でユニークなマイバックを作ります。

7/13(土)「和紙のうちわ」13:00~14:30、15:00~16:30
和紙をほねに貼り付け、お花紙や色水などをあしらって、親子で夏らしいうちわを作ります。

対象者:1歳から小学生親子
開催日時:毎月第2土曜日1回目13:00~、2回目15:00~ (8月は除く)
参加費:親子で3000円 *杉並子育て応援券利用可。
詳しくは年間予定のページをどうぞ。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページをどうぞ。

●乳幼児親子向け「えほんの時間」(子どもゆめ基金助成事業)(6/19、7/17他) *スタジオ

「えほんの時間」では、絵本の読み聞かせと季節の絵本の紹介を行った後、小さなお子様と一緒に楽しめる簡単な創作や遊びを行います。6/19(水)10:00~11:00 は 「七夕」「初夏」など季節の絵本の読み聞かせの後に、簡単な創作を行います。

対象者:0〜3歳くらいまでの乳幼児親子
参加費:無料(申込不要、定員になり次第、受付終了となります。)
詳細は、えほんの時間のページへどうぞ。 


2. 子ども向けプログラム

●4歳から小学生向け「えほんの世界 表現アトリエワークショップ」(子ども夢基金助成事業、6/22他) *井草地域区民センター

絵本の読み聞かせの後に、絵本の世界からイメージした自分の世界を画材を使って思い思いに形にしていきます。アートのスキルや経験は一切問いません。物づくりや表現が苦手というお子さんも大歓迎、作品の出来よりも、自分のアイディアを形にしていく過程を大切にしていきます。※申込者多数の場合は初回の方を優先の上抽選となります。6/22は絵本「でんでんむし」( 作 : 新美南吉 絵 : 織茂恭子)をテーマに行います。

開催日時:2019 年 6 月~ 2020 年 3 月不定期の土曜日 10:00~11:30
6/22, 8/31, 9/28, 11/30, 1/25, 3/28 (全 6 回)
会場:井草地域区民センター
参加費:500円
申込・チラシは、http://apconcept.jp/studio/kids-family/2019/05/29/11-10-14/

●キッズ・こころのケアグループ(子どもゆめ基金助成事業)(6/9 他)*信濃町真生会館

家族の死別、離別、家庭内の暴力など、困難を抱えた家庭で育った背景がある子どもたちが、アート創作の時間を通して、自分のペースで話したいことを話したり同年代のお子さんのお話を聞いたりすることで、抱えている負担を少しでも軽くし、「自分は1人じゃない」と感じる場を提供すること、子どもたちが本来の自分らしさを取り戻す過程をサポートすることが目的です。信濃町の会場にて月1回実施します。
お申込及び詳細は、キッズ・こころのケアグループのページへどうぞ。


3. 一般、子どもと関わる大人 、保護者向けプログラム

●子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (5/9他) *スタジオ

毎月第2、第4木曜日(両方またはいずれか)開催しています。簡単なワークシートや体験ワークを用い、子どもの表現しているものとその奥底にある子どもの気持ちについて理解を深めていきます。子どもと関わる方ならどなたでもどうぞ。次回6月13日は「子どもの好き嫌いについて」です。

対象者:保護者、または子どもと関わる大人どなたでも。(子連れ参加可能、プレイスペースあり)
日時:毎月第2、第4木曜日(両方またはいずれか)10:00~11:30
参加費:3000円 ※杉並子育て応援券・ゆりかご券利用可。
詳細は、子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座のページへどうぞ。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページへどうぞ。

●子育て中のカウンセリング(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (随時)*スタジオ

杉並子育て・ゆりかご応援券対応のカウンセリングについてご予約を随時承っております。スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページへどうぞ。

●個人セッション、家族セッション、スーパービジョン(随時)*スタジオ

大人、子ども、親子の個人セッションは、随時お申込みください。箱庭療法、アートセラピー、心理カウンセリング、支援者の方に向けたスーパービジョン他、来談される方のご希望に沿ってすすめていきます。
スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。
*お子様のセッションでは、事前に保護者よりお話を伺う時間を頂きます。

●女性用アートセラピーグループ(6/9 他) *信濃町真生会館

喪失の体験、身近な人からの暴力、様々なトラウマなど、通りたくなかったけれど、通らないといけなくなってしまった道、そんな道を歩く中、言葉ではうまく言い表せないもの、言葉にはならない「何か」を抱えることがあります。そのような心の負担を減らしたり、回復していく手段の一つとしてアートセラピーを試してみませんか?6/9 のテーマ「たねから育つもの」です。

対象者:アートを通して心の負担を減らしたい女性
日時:毎月第2日曜日15:30-17:00 (4月、8月はお休み)
場所:信濃町真生会館(詳細は申込時にお知らせします)
参加費:1500円
お申込及び詳細は、女性用アートセラピーグループのページへどうぞ。


4. その他

●ミニシンポジウム「子どもの心を育むクリエイティブ・アーツ〜アート、ミュージック、ドラマの可能性を探る〜」開催決定。

今年も子どもゆめ基金より助成を受けて、子ども支援のミニシンポジウムを開催する運びとなりました。会場は、大阪市中央公会堂を予定しています。
6月以降、HP、メルマガ等にて、内容及び参加者募集の案内をアップいたします。

●連続講座「現代人の生き方、社会を考える」

第6回「生きることと、表現すること 〜創作活動を介した心の支援の現場から〜」
当団体の倉石聡子が登壇し、アートセラピーについてのレクチャーと体験ワークを行います。

日時: 7/6(土) 13:30-15:30
場所: 真生会館(〒160-0016 東京都新宿区信濃町 33 番地 4 )
受講料:1回1000円、学生無料
申込・問い合わせ: 一般社団法人真生会館
Tel 03-3351-7121・Fax 03-3358-9700
email:  gakushu@catholic-shinseikaikan.or.jp
HP: http://www.catholic-shinseikaikan.or.jp

2019 年 5 月 29 日

絵本の世界 表現アトリエワークショップ(子どもゆめ基金助成事業)参加者募集

昨年度お休みしていた、「絵本の世界 表現ワークショップ」が2019年6月より再開いたします。4歳から小学生を対象。絵本の読み聞かせの後に、絵本の世界からイメージした自分の世界を画材を使って思い思いに形にしていきます。アートのスキルや経験は一切問いません。物づくりや表現が苦手というお子さんも大歓迎、作品の出来よりも、自分のアイディアを形にしていく過程を大切にしていきます。

※申込者多数の場合は初回の方を優先の上抽選となります。

会場:井草地域区民センター

開催日時:2019 年 6 月~ 2020 年 3 月不定期の土曜日 10:00~11:30
6/22, 8/31, 9/28, 11/30, 1/25, 3/28 (全 6 回)

参加費:500円
お申込・お問い合わせ : info@apconcept.jp
(複数回まとめてお申込が可能です。)
お申し込みはこちら

6/22 絵本 「でんでんむし」 作 : 新美南吉 絵 : 織茂恭子
うまれたばかりの、 でんでんむしのぼうやは、 はっぱもあさつゆも、 なんでもめずらしくて、 こうきしんいっぱい。 これからどんなふうに大きくなるのかな。いろをぬったり、 いろがみをきってはったりして、 じぶんのでんでんむしをつくってみよう。
◆つかうもの : 紙、 セロファン、 クレヨンなど

8/31 絵本 「こびん」 作 : 松田奈那子
ぼくは、 こびん。 ぼくはあるひ、 たいせつなものをあずかった。
すてきなうたごえ、 まっかなゆうやけ、
おいしいごはん、 ともだちとのおしゃべり。
みんなの、 なつやすみのたいせつなおもいでは、 なぁに?
たいせつなものを、 ぎゅっと、 つめてみよう
◆つかうもの : ビーズ、 色紙、 プラボトルなど

9/28 絵本 「あるひこねこね」 作 : 高畠邦夫
あるほしに、 うちゅうじんが、 ぞろぞろぞろぞろ やってきて ・ ・ ・ こねこね、 すりすり、 もくもく、 ぬいぬい
いろんなものがうまれてきたよ。
みんなもいっしょに、 こねこねしてみよう。
◆つかうもの : カラーねん土、 スパンコールなど

11/30 絵本 「もぐらバス」 作 : 佐藤雅彦、うちのますみ
あるまちの、 じめんの下には、 モグラがつくったトンネルがあって バスがはしっているよ。
はてさて、 わたし ・ ぼくのまちの下はどうだろう? かたいかみをつなげてはったり、 えをかいたりして、 じぶんのまちのじめんの下をつくってみよう。
◆つかうもの : クラフトボックス、 ボール紙、 クレヨンなど

1/25 絵本 「ゆきがふる」 文 : 蜂飼 耳、 絵 : 牧野 千穂
ゆきがふる。 ゆきがふる。
ゆきのひにだけ あらわれる 「ふわふわころり」。
さぁ、 ゆきでなにをつくろうか?
テーブル、 いす、 ゆきのおかし ・ ・ ・ 。
ゆきのせかいにおじゃまして、 なんでもすきなものをつくっちゃおう! ◆つかうもの : かるねん土、 わた、 紙など

3/28 絵本 「あさになったのでまどをあけますよ」 作 : 荒井良二
あさになったのでまどをあけますよ
まどをあけるとそこにはいつも、 わたしのすきなばしょがある。
やま、 まち、 かわ、 うみ…
まどからみたいものを、 あつめてみよう。
◆つかうもの : あつ紙、 本やざっしの切りぬき

チラシはこちらから

 

2019 年 4 月 8 日

【2019年 春・秋・冬】子どものグループアートセラピー参加者募集

アップコンセプト・スタジオでは、子どものグループアートセラピーを学期ごとに開催しています。

*今年度より開始時刻が変更になりましたのでお気をつけください。

例えば、
園や学校などの集団で課題を感じている
自分をうまく表現できない
創作や描画に苦手意識が強い
不安や緊張が高い、など

お子様の様子を見ながら、目標やプランを決めて取り組んでいきます。
気持ちをほぐすアート、関わり合いを促すゲームや遊び、グループのルール作りなど、セラピストと小人数(5名以下)の子どもたちでメンバー固定のグループとなり、継続して行っていきます。
安全な空間で、安心できる仲間と、創作を通して協働したり、お互いに認め合ったり、課題に挑戦したりしていきます。

小集団のアート活動の中で以下のようなものが育まれていきます。
ー自己肯定感や自尊心
ーソーシャルスキルやコミュニケーション力
ー表現への喜びや人と関わる楽しさ
これらの力は、より大きな集団の中で、また今後の成長において、子ども達の生きる力となることでしょう。

開催日 : 4月〜7月、9月〜12月、1月〜3月 不定期の金曜日
時間: 16:30〜17:45
※参加者間の調整により日時が変更になる場合があります。)
セラピスト:倉石聡子(アップコンセプト)
参加費 : 1回3000円×実施回数(画材材料費、保険料込)

お申込にあたって:
・なるべく事前にスタジオ見学や体験に参加するなど、実際の雰囲気や画材に触れてみてください。(体験1回 1500円)
・グループ開始前に対面またはメールにてお子様の様子を詳しくお聞かせください。
・グループの目標、個人の目標などを検討し、他のメンバーとの組み合わせを行います。
・曜日と時間を決定し、グループを開始します。
(既に活動が始まっている場合、そのクールは途中回からの参加となります。)
・参加費は初回に一括でお支払いください。
・決定した日時にグループは開催されます。欠席の場合の振り替えができませんのでご了承ください。
・1クール終了した後に振り返りシートをお渡しし、保護者の方と振り返りを行います。(メールなど)

ご相談やご質問など、お気軽にご連絡ください。
studio@apconcept.jp

2019 年 4 月 7 日

【2019年度】キッズ☆こころのケアグループ

離別・死別、家庭内暴力等、困難を抱えた家庭で育った背景がある子どもたちが、アート創作の時間を通して、自分のペースで話したいことを気軽に話したり同年代のお子さんのお話を聞いたりすることで、抱えている負担を少しでも軽くし、「自分は1人じゃない」と感じてもらう場を提供すること、子どもたちが本来の自分らしさを取り戻す過程をサポートすることが目的です。

【日時】毎月第2日曜日 13:00~14:30

(4月はお休み、5/12、6/9、7/14、8月はお休み、9/8、10/13、11/10、12/8、2020/1/12、2/9、3/8)

【場所】信濃町 真生会館4F
東京都新宿区信濃町33-4
(JR信濃町駅 徒歩1 分)

【対象】小学生以上。離別・死別、家庭内暴力等、困難を抱えた家庭で育った背景がある子ども。
※同居、別居、シェルター滞在中等は問いません
【定員】8名
【参加費】お一人500円(材料費、おやつ代込)※出席した回ごとのお支払いになります。
【ファシリテーター】倉石聡子(アートセラピスト、臨床心理士)他

お問合せ・お申込み:apconcept

参加を希望される場合は下記の情報を明記の上、kids@apconcept.jp までご連絡ください。数日以内に折り返しご連絡をさせていただきます。(常勤スタッフがいないので、ご連絡はメールでお願い致します。)

・お子さまのお名前(ふりがな)
・お子さまの年齢/学年/性別
・保護者のお名前
・参加希望の簡単な理由
・お子さまが自宅もしくは学校等で暴力等問題となる行動が見られた場合は、当時の状況を簡単にご記入ください。

プログラムなどの詳細はチラシをご覧ください。チラシの日付が間違っております。正しくは上記の日程ですのでご注意ください。

 

2019 年 4 月 6 日

【2019年度】乳幼児親子向け 「えほんのじかん」

平成31年度子どもゆめ基金の助成を受けて、乳幼児親子向けグループを今年度も実施いたします。

「えほんの時間」では、絵本の読み聞かせと季節の絵本の紹介を行った後、小さなお子様と一緒でも楽しめる簡単な創作を楽しんで頂きます。

毎月第3水曜日、アップコンセプト・スタジオにて、参加費無料、申込み不要ですので、どうぞお気軽にご参加ください。

 

日時:毎月第3水曜日【8月を除く】 10:00-11:00(受付開始9:50)

場所:アップコンセプト・スタジオ

参加費:無料

参加対象:乳幼児親子10名位まで

 

※申込み不要です。直接会場までお越しください。

定員に達し次第、受付終了となりますのでご了承下さい

 

えほん(web)

2019 年 4 月 5 日

2019年4月以降の予定

◆目次◆
親子プログラム
子ども向けプログラム
一般、子どもと関わる大人 、保護者向けプログラム
支援者向けプログラム
その他

  1. 親子プログラム (子どもゆめ基金事業、杉並子育て応援券対応など)

    ●コドモと楽しむモノづくりワークショップ(4/13、5/11他)*スタジオ

    親子でモノづくりを楽しむワークショップです。立派な作品を完成することよりも、作品のアイディアやストーリーを親子で共有したり、皆で一緒に作る過程を大切にしています。

    4/13(土)「布こいのぼりを作ろう」13:00~14:30、15:00~16:30 
    縫製された無地の魚型をベースに、端切れをうろこ状に貼り付けたり、絵を描いたり、色鮮やかにデコレーションしていきます。子どもの成長を祝う節句の記念に、親子で楽しく作りましょう。
    5/11(土)「UVレジンのアクセサリー」13:00~14:30、15:00~16:30 
    押し花や貝殻などの自然素材や、キラキラしたラメを使ってUVレジンでキーホルダーやペンダントを作ります。お父さんと一緒に母の日のギフト作りにも。

    対象者:1歳から小学生親子
    開催日時:毎月第2土曜日1回目13:00~、2回目15:00~ (8月は除く)
    参加費:親子で3000円 *杉並子育て応援券利用可。
    詳しくは年間予定のページをどうぞ。
    杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページをどうぞ。

    ●乳幼児親子向け「えほんの時間」(子どもゆめ基金助成事業)(4/17、5/15他) *スタジオ

    「えほんの時間」では、絵本の読み聞かせと季節の絵本の紹介を行った後、小さなお子様と一緒に楽しめる簡単な創作や遊びを行います。
    4/17(土)10:00~11:00 は 「新しいスタート」「こいのぼり」など季節の絵本の読み聞かせの後に、簡単な創作を行います。

    対象者:0〜3歳くらいまでの乳幼児親子
    参加費:無料(申込不要、定員になり次第、受付終了となります。)
    詳細は、えほんの時間のページへどうぞ。                                                                              
  2. 子ども向けプログラム

    ●小学生向け「えほんの世界 表現アトリエワークショップ」(子ども夢基金助成事業)6月より開催決定 *スタジオの近隣会場

    子ども夢基金より助成を受け、6月より小学生を対象としたワークショップが土曜5回開催いたします。
    4月末に参加者の募集をスタートし、メールマガジン、HP、FBにて告知致します。どうぞ奮ってご参加ください。

    ●子どものグループアートセラピー(2019年4月〜)*スタジオ

    園や学校などの集団で困り感を持っている、自分をうまく表現できない、創作や描画に苦手意識が強い、不安や緊張が高いなど、課題を感じているお子様のためのグループセラピーです。お子様の様子を見ながら、目標やプランを決めて取り組んでいきます。新年度からの参加にご興味のある方は、お問い合わせください。(初回と2回目のグループに体験参加が可能。)

    対象年齢:5歳から小学生
    1クール(学期):7-10回程度
    開催日時:不定期の金曜日16:30〜17:45
    お問い合わせ: studio@apconcept.jpまで。
    詳細は、子どものグループセラピーのページへどうぞ。

    ●キッズ・こころのケアグループ(子どもゆめ基金助成事業)(5/12他)*信濃町真生会館

    家族の死別、離別、家庭内の暴力など、困難を抱えた家庭で育った背景がある子どもたちが、アート創作の時間を通して、自分のペースで話したいことを話したり同年代のお子さんのお話を聞いたりすることで、抱えている負担を少しでも軽くし、「自分は1人じゃない」と感じる場を提供すること、子どもたちが本来の自分らしさを取り戻す過程をサポートすることが目的です。信濃町の会場にて月1回実施します。
    お申込及び詳細は、キッズ・こころのケアグループのページへどうぞ。
  3. 一般、子どもと関わる大人 ・ 保護者向けプログラム

    ●子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (4/11、5/9他) *スタジオ

    毎月第2、第4木曜日(両方またはいずれか)開催しています。簡単なワークシートや体験ワークを用い、子どもの表現しているものとその奥底にある子どもの気持ちについて理解を深めていきます。子どもと関わる方ならどなたでもどうぞ。次回4月11日のテーマは「子どもの遊びについて」、5月9日は「子どもの心の発達について」です。

    対象者:保護者、または子どもと関わる大人どなたでも。(子連れ参加可能、プレイスペースあり)
    日時:毎月第2、第4木曜日(両方またはいずれか)10:00~11:30
    参加費:3000円 ※杉並子育て応援券・ゆりかご券利用可。
    詳細は、子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座のページへどうぞ。
    杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページへどうぞ。 

    ●子育て中のカウンセリング(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (随時)*スタジオ

    杉並子育て・ゆりかご応援券対応のカウンセリングについてご予約を随時承っております。スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。
    杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページへどうぞ。
     
    ●個人セッション、家族セッション、スーパービジョン(随時)*スタジオ

    大人、子ども、親子の個人セッションは、随時お申込みください。箱庭療法、アートセラピー、心理カウンセリング、支援者の方に向けたスーパービジョン他、来談される方のご希望に沿ってすすめていきます。
    スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。
    *お子様のセッションでは、事前に保護者よりお話を伺う時間を頂きます。

    ●女性用アートセラピーグループ(5/12他) *信濃町真生会館

    喪失の体験、身近な人からの暴力、様々なトラウマなど、通りたくなかったけれど、通らないといけなくなってしまった道、そんな道を歩く中、言葉ではうまく言い表せないもの、言葉にはならない「何か」を抱えることがあります。そのような心の負担を減らしたり、回復していく手段の一つとしてアートセラピーを試してみませんか?5/12 のテーマ「わたしの手」です。

    対象者:アートを通して心の負担を減らしたい女性
    日時:毎月第2日曜日15:30-17:00 (4月、8月はお休み)
    場所:信濃町真生会館(詳細は申込時にお知らせします)
    参加費:1500円
    お申込及び詳細は、女性用アートセラピーグループのページへどうぞ。
  4. 支援者向けプログラム

    ●2019年度 心に働きかけるアートー対人援助者のためのスタディーグループー(2019年5月スタート)*スタジオ

    2019年度も全9回開催いたします。
    お申込及び詳細は、2019年度心に働きかけるアートのページへどうぞ。 

2019 年 3 月 1 日

2019年3月以降の予定

2019年3月以降の予定をお知らせします。

◆目次◆
1. 親子プログラム
2. 子ども向けプログラム
3. 一般、子どもと関わる大人 、保護者向けプログラム
4. 支援者向けプログラム
5. その他

1. 親子プログラム (子どもゆめ基金事業、杉並子育て応援券対応など)

①コドモと楽しむモノづくりワークショップ(3/9、4/13)*スタジオ

親子でモノづくりを楽しむワークショップです。立派な作品を完成することよりも、作品のアイディアやストーリーを親子で共有したり、皆で一緒に作る過程を大切にしています。

3/9(土)「ランプシェード作り」
13:00~14:30 (キャンセル待ち)、15:00~16:30 (キャンセル待ち)
アクリル板と和紙に装飾を施して、キラキラのランプシェードを作ります。貼ったり、切り抜いたり、親子で工夫してオリジナルのシェードを作りましょう。
4/13(土)「布こいのぼりを作ろう」13:00~14:30、15:00~16:30 
縫製された無地の魚型をベースに、端切れをうろこ状に貼り付けたり、絵を描いたり、色鮮やかにデコレーションしていきます。子どもの成長を祝う節句の記念に、親子で楽しく作りましょう。

対象者:1歳から小学生親子
開催日時:毎月第2土曜日13:00~と15:00~ (8月は除く)
参加費:親子で3000円 *杉並子育て応援券利用可。
詳しくは年間予定のページをどうぞ。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページをどうぞ。

②乳幼児親子向け「えほんの時間」(子どもゆめ基金助成事業)(3/20他) *スタジオ

「えほんの時間」では、絵本の読み聞かせと季節の絵本の紹介を行った後、小さなお子様と一緒に楽しめる簡単な創作や遊びを行います。
3/20 10:00~11:00「春」「新しいスタート」「桜」など季節の絵本の読み聞かせの後に、お花の風車作りを行います。

対象者:0〜3歳くらいまでの乳幼児親子
参加費:無料(申込不要、定員になり次第、受付終了となります。)
詳細は、えほんの時間のページへどうぞ。

2. 子ども向けプログラム

①子どものグループアートセラピー(2019年4月〜)*スタジオ

園や学校などの集団で困り感を持っている、自分をうまく表現できない、創作や描画に苦手意識が強い、不安や緊張が高い、など課題を感じているお子様のためのグループセラピーです。お子様の様子を見ながら、目標やプランを決めて取り組んでいきます。新年度からの参加にご興味のある方は、お問い合わせください。(初回と2回目のグループに体験参加が可能。)

対象年齢:5歳から小学生
1クール(学期):7-10回程度
開催日時:不定期の金曜日16:00〜17:15
お問い合わせ: studio@apconcept.jpまで。
詳細は、子どものグループセラピーのページへどうぞ。

②キッズ・こころのケアグループ(子どもゆめ基金助成事業)(3/10他)*信濃町真生会館

家族の死別・離別、家庭内の暴力など、困難を抱えた家庭で育った背景がある子どもたちが、アート創作の時間を通して、自分のペースで話したいことを話したり同年代のお子さんのお話を聞いたりすることで、抱えている負担を少しでも軽くし、「自分は1人じゃない」と感じる場を提供すること、子どもたちが本来の自分らしさを取り戻す過程をサポートすることが目的です。信濃町の会場にて月1回実施します。
お申込及び詳細は、キッズ・こころのケアグループのページへどうぞ。

3. 一般、子どもと関わる大人 ・ 保護者向けプログラム

①子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (4/11他) *スタジオ

毎月第2、第4木曜日(両方またはいずれか)開催しています。簡単なワークシートや体験ワークを用い、子どもの表現しているものとその奥底にある子どもの気持ちについて理解を深めていきます。子どもと関わる方ならどなたでもどうぞ。今月は講師の都合によりお休みとなります。次回4/11(木)10:00-11:30のみの開催です。テーマは「子ども遊びとは?」
対象者:保護者、または子どもと関わる大人どなたでも。(子連れ参加可能、プレイスペースあり)
日時:毎月第2、第4木曜日(両方またはいずれか)10:00~11:30
参加費:3000円 ※杉並子育て応援券・ゆりかご券利用可。
詳細は、子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座のページへどうぞ。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページへどうぞ。

②子育て中のカウンセリング(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (随時)*スタジオ

杉並子育て・ゆりかご応援券対応のカウンセリングについてご予約を随時承っております。スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページへどうぞ。

③個人セッション、家族セッション、スーパービジョン(随時)*スタジオ

大人、子ども、親子の個人セッションは、随時お申込みください。箱庭療法、アートセラピー、心理カウンセリング、支援者の方に向けたスーパービジョン他、来談される方のご希望に沿ってすすめていきます。
スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。
*お子様のセッションでは、事前に保護者よりお話を伺う時間を頂きます。

④女性用アートセラピーグループ(3/10他) *信濃町真生会館

喪失の体験、身近な人からの暴力、様々なトラウマなど、通りたくなかったけれど、通らないといけなくなってしまった道、そんな道を歩く中、言葉ではうまく言い表せないもの、言葉にはならない「何か」を抱えることがあります。そのような心の負担を減らしたり、回復していく手段の一つとしてアートセラピーを試してみませんか?3/10 のテーマ「いろいろな花」。

対象者:アートを通して心の負担を減らしたい女性
日時:毎月第2日曜日15:30-17:00 (4月、8月はお休み)
場所:信濃町真生会館(詳細は申込時にお知らせします)
参加費:1500円
お申込及び詳細は、女性用アートセラピーグループのページへどうぞ。

4. 支援者向けプログラム

①2019年度 心に働きかけるアートー対人援助者のためのスタディーグループー(2019年5月スタート)*スタジオ

2019年度の日程が決定しました。今年度と同じく全9回開催いたします。
お申込及び詳細は、2019年度心に働きかけるアートのページへどうぞ。

5. その他のクリエイティブ・アーツセラピー情報

①JCATA主催『無意識の心理とボニー式音楽イメージ療法』

無意識が人の言動・行動に及ぼす影響や、非日常状態を用いてその無意識にある問題を解決していく心理療法・ボニー式音楽イメージ療法(GIM)をご紹介します。非日常状態とは何か。音楽がどのように働くのか。トランスパーソナル心理学が何を伝えているか。また無意識の療法からどのような効果が得られるのか。前半は実際に音楽を聴きアートや症例のお話を、後半はグループでボニー式GIMを体験します。

日時:2019年3月3日(日)10:00~16:00
場所:IKE・Biz(としま産業振興プラザ)
講師:吉原奈美(音楽療法士)
対象:心理・福祉などの現場で活動している方で、クリエイティブ・アーツセラピーに興味がある方。今後そういった支援に携わりたい方
主催:日本クリエイティブ・アーツセラピー学会(JCATA)
お申込・詳細は団体HPまで(近日中に公開)

②Treehouse Studio 主催「ドラマワーク・ファシリテーター・トレーニング」

ドラマワーク・ファシリテーター・トレーニングは、教育、福祉などの場でドラマワークを活用したい方のための講座です。ドラマセラピーの過程を体験しながら、ドラマセラピーの代表的理論のほか、様々なドラマワークを学びます。ドラマセラピーの深さを体験的に知り、その上で、ご自身のドラマワークを安全にプランニング、デザインできるように教えていきます。

日時:2019年4月から2020年3月までの1年間月1回
場所 :東京都内 (詳しい場所は参加者にお知らせします)
主催団体:Treehouse Studio (代表中野左知子)
講師 :中野左知子 MA, RDT (北米ドラマセラピー学会公認ドラマセラピスト)
申し込み方法:メールにて(dt@sachinakano.com)
詳しくは、団体HPまで。

2019 年 1 月 31 日

2019年2月以降の予定

2019年2月以降の予定をお知らせします。

◆目次◆
1. 親子プログラム
2. 子ども向けプログラム
3. 一般、子どもと関わる大人 、保護者向けプログラム
4. 支援者向けプログラム
5. その他

1. 親子プログラム (子どもゆめ基金事業、杉並子育て応援券対応など)

①コドモと楽しむモノづくりワークショップ(2/9、3/9)*スタジオ

親子でモノづくりを楽しむワークショップです。立派な作品を完成することよりも、作品のアイディアやストーリーを親子で共有したり、皆で一緒に作る過程を大切にしています。
2/9(土)「オリジナルフラッグ作り」
13:00~14:30 (残り1組)、15:00~16:30(参加者募集中)
布の端切れなどを使ってオリジナルのフラッグを作ります。ペナントやガーラント、四角い旗などの土台に、自分らしい色やシンボルをデコレーションしていきます。
3/9(土)「ランプシェード作り」
13:00~14:30 (残り1組)、15:00~16:30 (残り1組)
アクリル板と和紙に装飾を施して、キラキラのランプシェードを作ります。貼ったり、切り抜いたり、親子で工夫してオリジナルのシェードを作りましょう。

対象者:1歳から小学生親子
開催日時:毎月第2土曜日13:00~と15:00~ (8月は除く)
参加費:親子で3000円 *杉並子育て応援券利用可。
詳しくは年間予定のページをどうぞ。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページをどうぞ。

②乳幼児親子向け「えほんの時間」(子どもゆめ基金助成事業)(2/20、3/20他) *スタジオ

「えほんの時間」では、絵本の読み聞かせと季節の絵本の紹介を行った後、小さなお子様と一緒に楽しめる簡単な創作や遊びを行います。
2/20(水)10:00~11:00「冬の終わり」「春の訪れ」3/20 10:00~11:00「春」「新しいスタート」など季節の絵本の読み聞かせの後に、お花紙、風船などを使ったアートを行います。

対象者:0〜3歳くらいまでの乳幼児親子
参加費:無料(申込不要、定員になり次第、受付終了となります。)
詳細は、えほんの時間のページへどうぞ。

2. 子ども向けプログラム

①子どものグループアートセラピー(2019年4月〜)*スタジオ

園や学校などの集団で困り感を持っている、自分をうまく表現できない、創作や描画に苦手意識が強い、不安や緊張が高い、など課題を感じているお子様のためのグループセラピーです。お子様の様子を見ながら、目標やプランを決めて取り組んでいきます。新年度からの参加にご興味のある方は、お問い合わせください。(初回と2回目のグループに体験参加が可能。)

対象年齢:5歳から小学生
1クール(学期):7-10回程度
開催日時:不定期の金曜日16:00〜17:15
お問い合わせ: studio@apconcept.jpまで。
詳細は、子どものグループセラピーのページへどうぞ。

②キッズ・こころのケアグループ(子どもゆめ基金助成事業)(2/10、3/10他)*信濃町真生会館

家族の死別・離別、家庭内の暴力など、困難を抱えた家庭で育った背景がある子どもたちが、アート創作の時間を通して、自分のペースで話したいことを話したり同年代のお子さんのお話を聞いたりすることで、抱えている負担を少しでも軽くし、「自分は1人じゃない」と感じる場を提供すること、子どもたちが本来の自分らしさを取り戻す過程をサポートすることが目的です。信濃町の会場にて月1回実施します。
お申込及び詳細は、キッズ・こころのケアグループのページへどうぞ。

3. 一般、子どもと関わる大人 ・ 保護者向けプログラム

①子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (2/14他) *スタジオ

毎月第2、第4木曜日(両方またはいずれか)開催しています。簡単なワークシートや体験ワークを用い、子どもの表現しているものとその奥底にある子どもの気持ちについて理解を深めていきます。子どもと関わる方ならどなたでもどうぞ。今月は第2木曜の2/14(木)10:00-11:30のみの開催です。テーマは「子どもの言語・非言語表現とは?」。

対象者:保護者、または子どもと関わる大人どなたでも。(子連れ参加可能、プレイスペースあり)
日時:毎月第2、第4木曜日(両方またはいずれか)10:00~11:30
参加費:3000円 ※杉並子育て応援券・ゆりかご券利用可。
詳細は、子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座のページへどうぞ。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページへどうぞ。

②子育て中のカウンセリング(杉並子育て応援券・ゆりかご券対応) (随時)*スタジオ

杉並子育て・ゆりかご応援券対応のカウンセリングについてご予約を随時承っております。スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。
杉並子育て応援券をご利用の方は案内ページへどうぞ。

③個人セッション、家族セッション、スーパービジョン(随時)*スタジオ

大人、子ども、親子の個人セッションは、随時お申込みください。箱庭療法、アートセラピー、心理カウンセリング、支援者の方に向けたスーパービジョン他、来談される方のご希望に沿ってすすめていきます。
スタジオページの個人セッション項目をご参照ください。
*お子様のセッションでは、事前に保護者よりお話を伺う時間を頂きます。

④女性用アートセラピーグループ(2/10、3/10他) *信濃町真生会館

喪失の体験、身近な人からの暴力、様々なトラウマなど、通りたくなかったけれど、通らないといけなくなってしまった道、そんな道を歩く中、言葉ではうまく言い表せないもの、言葉にはならない「何か」を抱えることがあります。そのような心の負担を減らしたり、回復していく手段の一つとしてアートセラピーを試してみませんか?2/10 のテーマ「心が温かくなるとき」。

対象者:アートを通して心の負担を減らしたい女性
日時:毎月第2日曜日15:30-17:00 (4月、8月はお休み)
場所:信濃町真生会館(詳細は申込時にお知らせします)
参加費:1500円
お申込及び詳細は、女性用アートセラピーグループのページへどうぞ。

4. 支援者向けプログラム

①心に働きかけるアートー対人援助者のためのスタディーグループー(2/8)*スタジオ

対人援助に携わる方を対象としたスタディーグループです。今年度も残すところ1回、アートを通したセルフケアを体験していきます。2/8のテーマは、「支援において一粒の雫から波及していくこと」です。素材の力を借りながら、支援者としての自分と他者、社会との関わりについて気づきを得る機会にしたいと考えます。単発での参加も歓迎です。

対象者:教育、医療、福祉、心理などの領域で対人援助を行っている方。アートセラピーを勉強中の方
日時:原則的に第2金曜日の19:00~21:00。
参加費:4500円
お申込及び詳細は、2018年心に働きかけるアートのページへどうぞ。

②2019年度 心に働きかけるアートー対人援助者のためのスタディーグループー(2019年5月スタート)*スタジオ

2019年度の日程が決定しました。今年度と同じく全9回開催いたします。
お申込及び詳細は、2019年度心に働きかけるアートのページへどうぞ。

5. その他のクリエイティブ・アーツセラピー情報

①JCATA主催『無意識の心理とボニー式音楽イメージ療法』

無意識が人の言動・行動に及ぼす影響や、非日常状態を用いてその無意識にある問題を解決していく心理療法・ボニー式音楽イメージ療法(GIM)をご紹介します。非日常状態とは何か。音楽がどのように働くのか。トランスパーソナル心理学が何を伝えているか。また無意識の療法からどのような効果が得られるのか。前半は実際に音楽を聴きアートや症例のお話を、後半はグループでボニー式GIMを体験します。

日時:2019年3月3日(日)10:00~16:00
場所:IKE・Biz(としま産業振興プラザ)
講師:吉原奈美(音楽療法士)
対象:心理・福祉などの現場で活動している方で、クリエイティブ・アーツセラピーに興味がある方。今後そういった支援に携わりたい方
主催:日本クリエイティブ・アーツセラピー学会(JCATA)
お申込・詳細は団体HPまで(近日中に公開)

②Treehouse Studio 主催「ドラマワーク・ファシリテーター・トレーニング」

ドラマワーク・ファシリテーター・トレーニングは、教育、福祉などの場でドラマワークを活用したい方のための講座です。ドラマセラピーの過程を体験しながら、ドラマセラピーの代表的理論のほか、様々なドラマワークを学びます。ドラマセラピーの深さを体験的に知り、その上で、ご自身のドラマワークを安全にプランニング、デザインできるように教えていきます。

日時:2019年4月から2020年3月までの1年間月1回
場所 :東京都内 (詳しい場所は参加者にお知らせします)
主催団体:Treehouse Studio (代表中野左知子)
講師 :中野左知子 MA, RDT (北米ドラマセラピー学会公認ドラマセラピスト)
申し込み方法:メールにて(dt@sachinakano.com)
詳しくは、団体HPまで。

2018 年 12 月 30 日

【2019年】コドモと楽しむモノづくりワークショップ

毎月第2土曜日に開催中の「コドモと楽しむモノ作りワークショップ」は、週末に親子で参加頂けるプログラムです。
創作を通して親子で楽しい時間を過ごすこと、様々な素材に慣れ親しんでいくことを目的としています。
「家族のフォトフレーム作り」「キラキラランプシェード」「フラッグ作り」「木の家づくり」など毎月テーマを決めて創作します。
年間予定をご参照の上、お早めにお申込みください。

開催日:毎月第2土曜日
時間:第1回目 13:00-14:30 第2回目 15:00-16:30
場所:アップコンセプト・スタジオにて(杉並区下井草4-31-15)
参加費: 親子で2500円(材料費込)
※杉並子育て応援券が使用できます。

【年間予定】
1/12 「家族のフォトフレーム作り」(木製フレーム、タイル、毛糸、ビーズなど)
2/9  「オリジナルフラッグ作り」(布はぎれ、ラメ、ビーズ、羽根など)
3/9 「ランプシェードを作ろう(アクリル板、ミニランプ、和紙、セロファンなど)
4/13 「布こいのぼりを作ろう」(布はぎれ、布クレヨン、糸、ボタンなど)
5/11 「UVレジンのアクセサリー」(押し花、貝殻、ラメ、UVレジン)
6/8  「スタンプアートのエコバック」(アクリル絵の具、端材、消しゴム、夏野菜など)
7/13  「和紙のうちわ」(お花紙、和紙、色水」
8月   お休み
9/14 「コラージュボード」(発砲ボード、雑誌の切り抜き他)
10/12 「手作りジオラマ」(クラフトボックス、粘土他)
11/9 「秋のリース」(どんぐり、松ぼっくり、枝、自然素材)
12/14 「木のお家作り」(木板、クラフト材)

講師: 早川正浩 (はやかわまさひろ)
カリフォルニア州立大学ロングビーチ校芸術学部アート専攻卒業。株式会社サニーアワーズにてオリジナルの子ども雑貨の製造販売、国内外の玩具や文具の仕入れに携わる他、国内のイベントやフェスなどで子どもや親子向けワークショップの企画実施を行っている。

チラシはこちら→コドモと楽しむモノづくり2019

お申し込みはこちら

2018 年 12 月 29 日

【2019年】子どもの心のサインを知る、寄り添うための講座

毎月第2・4木曜日の両方、またはいずれか10時より、アップコンセプトで開催中。
保護者及び子どもと関わる方を対象とした勉強会です。
 
言葉が未発達な子どもたちは、遊びや絵、しぐさや行動などによって自分の気持ちを表現しています。子どもの心のサインをどのように読み取り、返していくのか、実際の事例や体験を交えながら学んでいきます。
子育て中の方、子どもと関わる方であればどなたでもご参加頂けます。
※お子様連れでご参加できますが、託児などがございませんので目を離さないようにお願い致します。
 
各回ごとにテーマを定め、子どもの発達や、心理学の考え方などにも触れていきます。身近に関わる子どもを客観的に見つめ直し、対応していく上でのヒントが得られるかもしれません。
また、体験を通してお子様やご自身への理解を深める時間も盛り込みます。実際に簡単なアートワークを行い、色や形で表されたものから、無意識にあるものに気付いたり、自分自身と対話するような感覚を体験します。
これらの体験は、子供達がどのように非言語で内的世界を表現しているか理解する手がかりとなるかもしれません。簡単な色塗りなどですので、アートの経験やスキルは一切必要ありません。
 
 
-------------------------------------
日時:毎月第2・4木曜日の両方、またはいずれか10:00~11:30(月例予定をご確認ください。) 
 
場所:アップコンセプト・スタジオ
 
参加対象者:子育て中の保護者、子どもと関わる方
 
参加費:3000円※杉並子育て応援券が使えます
 
講師:倉石聡子(臨床心理士、アートセラピスト)
 
お申込み方法:当団体ホームページ、プログラムの予約フォームより。
または、メール(studio@apconcept.jp)でお名前と参加希望日をご連絡ください。
 
お問合せ:studio@apconcept.jpまたは070-6635-1515(スタジオ直通)
 
 
●年間予定*テーマや内容は予告なく変更する場合があります。
 
1月 勉強会「子どもの自己肯定感とは?」 アートセラピーの体験「丸画」
 
2月 勉強会「子どもの言葉表現とは?」 アートセラピーの体験「言葉のアート」
 
3月 勉強会「子どもの描くアート」 アートセラピーの体験「線と点」
 
4月 勉強会「子どもの遊び」 アートセラピーの体験「スクリブル」
 
5月 勉強会「子どもの心のテーマとは?」 アートセラピーの体験「木のシンボル」
 
6月 勉強会「子どもの好き嫌いは?」 アートセラピーの体験「好き」と「嫌い」
 
7月 勉強会「子どもの五感、身体感覚って?」 アートセラピーの体験「体にフォーカスする」
 
8月 お休み
 
9月 勉強会「子どもの身体が表現するものとは?」 アートセラピーの体験「自分の身体と色」
 
10月 勉強会「子どもの感情発達とは?」 アートセラピーの体験「感情を色や形で表現する」
 
11月 勉強会「子どもの想像力とは?」 アートセラピーの体験「この扉を開けたら」
 
12月 勉強会「子どものレジリエンスとは?」 アートセラピーの体験「一年を振り返る」
 
 
お申し込みはこちら
 

« 前のページ