プログラム

*CATとはクリエイティブ・アーツ・
セラピーの略称です。

2022 年 4 月 18 日

【2022年6月〜11月】女性のためのオンライン アートグループ

2022年6月からオンラインの女性用グループがスタートします。

自分のペースと気持ちを大切にしながら、アートを通してリフレッシュとセルフケアしませんか?
アートの経験やスキルは一切関係ありません。
素材の感触や色に触れて、ご自宅で、ゆったりとしたひとときをお過ごしください。

*「女性用アートセラピーグループ」は10年前にNPO法人レジリエンスでスタートした活動です。身近な人から暴力を受けて傷ついた心、その負担を減らすための方法の一つとしてアートの場が開かれていました。2018年より、アップコンセプトが引継ぎ、東京都新宿区の施設の協力を経て活動の運営・実施を行ってきましたが、この2年間は新型コロナウィルスの影響により安定的な活動の継続が困難となっていました。活動継続に向けて「女性のためのオンラインアートグループ」として、形式を対面からオンラインへ、内容をアートセラピーグループからアートグループへと形を変え、新たなスタートを切ります。

【方法】オンラインZoom

【開 催 日】 原則的に毎月第2日曜日 10:30~12:00

        2022年6月12日、7月10日、8月14日、9月11日、10月9日、11月13日

【参加対象者】 女性ならどなたでも。アートでリフレッシュやセルフケアをしたい方。

【参 加 費】 1回1500円(Paypayまたは銀行振り込みにてお支払いください)

【お申込方法】   参加を希望される場合は、下記申込フォームまたは、studio@apconcept.jp まで以下をご連絡ください。数日以内に折り返しご連絡をさせていただきます。
①お名前 ②参加希望日(まとめてお申込も可能) ③メールアドレス ④当日連絡のつく電話番号

お申し込みはこちら

【ファシリテーター】*月毎に担当します。
倉石聡子 (米国アートセラピー協会登録アートセラピスト、臨床心理士、公認心理師)
辻 ロビン(米国アートセラピー協会登録アートセラピスト、オレゴン州認定臨床心理士)

【テーマ】
※内容は人数やグループ構成により変更となる場合もあります。
6月12日   「イメージとの出会い」
7月10日    「自分だけのリラックス空間」
8月14日  「わたしの手」
9月11日  「形からの物語作り」
10月19日  「窓を開けたら」
11月13日 「なんの地図?」

【連絡事項】
・参加申込後、お申込者のご都合によるキャンセルには返金ができませんのでご了承ください。
・オンラインの接続環境、アート作業できる環境をご準備の上でご参加ください。基本画材は各自での用意となります。
  画用紙(スケッチブック)、クレヨン・色鉛筆・マーカー等色塗りができる画材、ハサミ、のりをご準備ください。
・アート作成中、カメラとマイクはオン/オフご自由にご参加可能です。創作後には、小グループ(3,4名)に分かれて紹介し合う時間を持ちます。無理のない範囲で進めていきますが、この時間はマイクとカメラオンでのご参加をお願いします。
・リフレッシュやセルフケアを目的としてますが、治療、セラピーは目的としていません。個別セラピーは別途でお受けしています。

お申し込みはこちら

 

チラシPDFはこちら→オンライン女性AT

2022 年 4 月 5 日

【2022年度】(5月~)キッズこころのケアグループ

*2022年度子どもゆめ基金の助成を受けて実施します。

離別・死別、家庭内暴力等、困難を抱えた家庭で育った背景がある子どもたちが、アート創作の時間を通して、自分のペースで話したいことを気軽に話したり同年代のお子さんのお話を聞いたりすることで、抱えている負担を少しでも軽くし、「自分は1人じゃない」と感じてもらう場を提供すること、子どもたちが本来の自分らしさを取り戻す過程をサポートすることが目的です。

【日時】2022年5月〜2023年3月までの毎月第2日曜日 13:00~14:30(4、8月はお休み)
2022/5/8, 6/12, 7/10, 9/11, 10/9, 11/13, 12/11, 2023/1/8, 2/12, 3/12
【場所】信濃町 真生会館4F 東京都新宿区信濃町33-4
(JR信濃町駅 徒歩1 分)
【対象】小学生〜中学生。離別・死別、家庭内暴力等、困難を抱えた家庭で育った背景がある子ども。
※同居、別居、シェルター滞在中等は問いません。
【定員】8名
【参加費】お一人500円(材料費、おやつ代込)※出席した回ごとのお支払いになります。
【ファシリテーター】倉石聡子(アートセラピスト、公認心理師、臨床心理士)他

お問合せ・お申込み:参加を希望される場合は下記のリンクより、またはkids@apconcept.jp まで下記の情報を明記の上、ご連絡ください。数日以内に折り返しご連絡をさせていただきます。(常勤スタッフがいないので、ご連絡はメールでお願い致します。)

・お子さまのお名前(ふりがな)
・お子さまの年齢/学年/性別
・保護者のお名前
・参加希望の簡単な理由
・その他、お子さまの自宅もしくは学校等での気になる様子などあればご記入ください。

お申し込みはこちら

2022 年 1 月 18 日

【2022年4月〜】心に働きかけるアート〜対人援助者のためのスタディーグループ〜

 援助職の方を対象としたスタディーグループ、2022年度よりオンラインで再スタートします。

 言語発達が未熟な子どもたち、言葉にするのが辛い経験をした人たち、思考にとらわれて本来の感情にアクセスするのが難しい人たちなど、言葉のみの働きかけでは十分な援助ができないと感じたことがあるかもしれません。
 アート(視覚芸術)を用いたアプローチを取り入れて、安全に相手の心に働きかけるためのヒントや、アートをアセスメントに用いる視点、画材やテーマの特徴やビジュアルアートに関する知識、グループワークの構成の仕方等について、実際のアート演習とレクチャーを元に臨床アートセラピーの考えに触れながら学んでいきます。

 このプログラムは、実際に画材に触れたり、描いたり、少人数グループでのアート体験を重視して行ってきました。対面開催からオンラインに変更しても、引き続き演習を取り入れていきますので、各自で画材のご準備をお願い致します。

◾️開催日 2022年4月22日(金)~2022年11月25日(金)
(4/22, 5/27, 6/24, 7/22, 8/26, 9/30, 10/28, 11/25)
◾️開催時間 20:00~22:00
◾️実施方法 オンラインZoom
◾️参加対象者 対人援助に関わる方。心理、福祉、医療、教育等にアートを取り入れたい方
参加費: 全8回 36000円*原則的に全回を通しての参加、一括振り込みを お願いします。開始後、参加者の都合による返金には応じられません。

◾️講師 倉石聡子(くらいしあきこ)
米国アートセラピー協会登録アートセラピスト(ATR)、 公認心理師、臨床心理士。公立学校スクールカウンセラー、 日本女子大学非常勤講師、日本クリエイティブ・アーツセラピー学会理事他。DV支援、トラウマケアを目的としたアートプログラム、子供から成人まで様々な対象者へのアートセラピーセッション、アートセラピーを用いた教育・研修に携わる。アップコンセプト・スタジオ代表。

* このグループは、アートセラピーの理論と実践をベースに進めていきますが、アートセラピーの専門トレーニング、アートセラピストの育成は目的としていません。

お申込みはこちらまで

 

チラシPDF→ スタディグループ2022

 

2021 年 12 月 25 日

【2022年1月〜3月】女性用アートセラピーグループ

*新型コロナウィルスの影響を鑑みて、開催を見合わせる場合がございます。2022年4月よりオンライン開催に移行を予定しています。

身近な人からの暴力や喪失の体験、様々なトラウマなど、通りたくなかったけれど、通らないといけなくなってしまった道、そんな道を歩く中、言葉ではうまく言い表せないもの、言葉にはならない「何か」を抱えることがあります。アートセラピーはそのような心の負担を減らす手段の一つです。試してみませんか?アートの経験や上手・下手は一切問いません。

【会場】信濃町 真生会館4F 新宿区信濃町33-4(JR信濃町駅 徒歩1 分)

【日時】毎月第2日曜日 15:30~17:00

(2022/1/9、2/13、3/13、4月以降はオンラインにて開催予定)

【対象】アートを通して心の負担を減らしたい女性

【定員】8名

【参加費】各回1500円

【ファシリテーター】倉石聡子(アートセラピスト、臨床心理士、公認心理師)

【テーマ】
1 月9日(日)テーマ「新年のコラージュ」

2 月13日(日)テーマ「3つの願い」

3 月13日(日)テーマ「マイボックス」

4月以降の開催内容については未定

※内容は人数やグループ構成により変更となる場合もあります。

参加を希望される場合は下記の情報を明記の上、studio@apconcept.jp までご連絡ください。数日以内に折り返しご連絡をさせていただきます。

2021 年 12 月 20 日

アップコンセプトの活動予定(SNSのご案内)

毎月の活動予定や活動の様子について、メルマガ配信は休止とし、今後はSNSにて最新情報を発信していきます。

Twitter https://www.twitter.com/ap_arttherapy スタジオの予定、活動状況などについてツイートしています。

Instagram https://www.instagram.com/apconcept_studio/ スタジオの予定、活動状況などについてアップしています。

Facebook https://facebook.com/アップコンセプト-apconcept-768113093284414/ スタジオの予定、活動状況などについてアップしています。

Twitter(代表:倉石) https://www.twitter.com/akiko_kuraishi  アートセラピー 、アートやケアについてツイートしています。

note(代表:倉石)https://note.com/apconcept_studio アートセラピー、アートとケア の応用、歴史等、アートセラピー に関する記事を不定期で掲載しています。

ご質問などございましたら、ダイレクトメッセージ又はinfo@apconcept.jpまでお問い合わせください。

2021 年 7 月 1 日

2021年9月よりサービス料金改定のお知らせ

日頃よりスタジオの活動にご理解・ご協力賜り誠にありがとうございます。

 アップコンセプと・スタジオは2016年の開設当初より、サービス提供料金を変わらず設定しておりました。2019年の増税に加え、昨年よりスタジオ家賃などスタジオ維持費の値上がりが行われたことを受け、2021年9月よりサービス提供料金の一部改定を行います。価格が改定されるサービスにつきまして、下記をご参照ください。

 皆様におかれましては、ご理解のほど、何卒よろしくお願い申し上げます。

個人セッション
30分 5000円→ 5500円
50分 8000円→ 8800円
80分 12000円→13200円
延長15分 2500円→ 2750円

子どものグループアートセラピー 75分 3000円→ 3300円

2021 年 4 月 15 日

【2021年度】キッズこころのケアグループ

*2021年度子どもゆめ基金の助成を受けて実施します。

離別・死別、家庭内暴力等、困難を抱えた家庭で育った背景がある子どもたちが、アート創作の時間を通して、自分のペースで話したいことを気軽に話したり同年代のお子さんのお話を聞いたりすることで、抱えている負担を少しでも軽くし、「自分は1人じゃない」と感じてもらう場を提供すること、子どもたちが本来の自分らしさを取り戻す過程をサポートすることが目的です。

【日時】2021年5月〜2022年3月までの毎月第2日曜日 13:00~14:30(4、8月はお休み)

【場所】信濃町 真生会館4F
東京都新宿区信濃町33-4
(JR信濃町駅 徒歩1 分)

【対象】小学生〜中学生。離別・死別、家庭内暴力等、困難を抱えた家庭で育った背景がある子ども。
※同居、別居、シェルター滞在中等は問いません

【定員】8名

【参加費】お一人500円(材料費、おやつ代込)※出席した回ごとのお支払いになります。

【ファシリテーター】倉石聡子(アートセラピスト、公認心理師、臨床心理士)他

お問合せ・お申込み:apconcept
参加を希望される場合は下記の情報を明記の上、kids@apconcept.jp までご連絡ください。数日以内に折り返しご連絡をさせていただきます。(常勤スタッフがいないので、ご連絡はメールでお願い致します。)

・お子さまのお名前(ふりがな)
・お子さまの年齢/学年/性別
・保護者のお名前
・参加希望の簡単な理由
・その他、お子さまの自宅もしくは学校等での気になる様子などあればご記入ください。

2020 年 6 月 4 日

スタジオの活動再開について

【スタジオの活動再開について】

緊急事態宣言の解除を受けてスタジオの活動を6月より段階的に再開致します。
感染防止のため、下記の対応を行いますので、参加の皆さまも何卒ご理解・ご協力をお願い致します。
・スタジオの換気 ・マスクの着用 ・入口での手指の消毒 ・参加前の検温 ・座席位置の工夫 ・定員の削減

詳細は、プログラム参加時にご案内いたします。

6月の予定はこちらをご覧ください。
http://apconcept.jp/monthly/2020/06/01/08-51-40/

ご参加にあたり、ご心配なこと、ご質問などございましたら、studio@apconcept.jpまでお気軽にお問い合わせください。

2020 年 4 月 8 日

【2020年度】キッズ☆こころのケアグループ

*新型コロナウィルスの影響を鑑みて、2021年1、2月は開催中止と致します。


離別・死別、家庭内暴力等、困難を抱えた家庭で育った背景がある子どもたちが、アート創作の時間を通して、自分のペースで話したいことを気軽に話したり同年代のお子さんのお話を聞いたりすることで、抱えている負担を少しでも軽くし、「自分は1人じゃない」と感じてもらう場を提供すること、子どもたちが本来の自分らしさを取り戻す過程をサポートすることが目的です。

【日時】毎月第2日曜日 13:00~14:30

(4月はお休み、5/10、6/14、7/12、8月はお休み、9/13、10/11、11/8、12/13、2021/1/10、2/14、3/14)

【場所】信濃町 真生会館4F
東京都新宿区信濃町33-4
(JR信濃町駅 徒歩1 分)

【対象】小学生〜中学生。離別・死別、家庭内暴力等、困難を抱えた家庭で育った背景がある子ども。
※同居、別居、シェルター滞在中等は問いません

【定員】8名

【参加費】お一人500円(材料費、おやつ代込)※出席した回ごとのお支払いになります。

【ファシリテーター】倉石聡子(アートセラピスト、公認心理師、臨床心理士)他

お問合せ・お申込み:apconcept
参加を希望される場合は下記の情報を明記の上、kids@apconcept.jp までご連絡ください。数日以内に折り返しご連絡をさせていただきます。(常勤スタッフがいないので、ご連絡はメールでお願い致します。)

・お子さまのお名前(ふりがな)
・お子さまの年齢/学年/性別
・保護者のお名前
・参加希望の簡単な理由
・その他、お子さまの自宅もしくは学校等での気になる様子などあればご記入ください。

2020 年 4 月 6 日

2019年度、えほんの世界〜表現アトリエワークショップ〜開催報告

子どもゆめ基金より助成を受けて開催している小学生向けの講座、昨年度は5回実施されました。
当初は6回の開催予定でしたが、新型コロナウィルスの影響を鑑みて3月の開催は中止となりました。
毎月キャンセル待ちが出る状況で、参加希望のみなさんにはご迷惑をおかけ致しました。

各回毎に一つの絵本を取り上げて、読み聞かせを行った後に、話し合いをしながら絵本の世界についてイメージを深めていきます。

その後、各々が思い浮かんだ風景や自分の世界を創作していきます。

完成したアートを部屋に飾ったり、他の子どもの作品と共に配置して、みんなで眺めたり感想を言い合う時間を持ちました。

はじめは緊張した面持ちで参加した子どもたちも、帰る頃にはすっかり打ち解けて、達成感の笑顔が見られるのはスタッフにとっても喜びです。

本講座は2020年度も開催が決定しました。
緊急事態宣言の状況もあり、開催時期を遅らせて秋から毎月開催を予定しています。
詳細は決まり次第、メールマガジン、HPやFBにてお知らせ致します。

« 前のページ