アップコンセプト スタジオは街角の小さなアトリエです。
アトリエといっても、ものづくりの技術を磨いたり、
芸術性の高い作品を生み出したりするための場所ではありません。
アップコンセプト スタジオは、一人一人が自分のペースで表現してみる場です。
色や形、イメージ、ことば、どんなものであれ、
その人から表現されたものは唯一無二のもの。
「想像する」「創造する」「表現する」時間を大切に過ごします。

スタジオのご案内

apconcept studio

アップコンセプト スタジオ

杉並区下井草4-31-15 和光マンション1F
studio@apconcept.jp
070-6635-1515(スタジオ直通)
不定休 10:00〜20:00
西武新宿線井荻駅徒歩5分、
下井草駅徒歩6分

創造力や表現力は、
生きていく上でとても大切な力です

太古の時代から、人間は天災や死など
どうすることもできない様々な苦難を
アーツ(芸術表現)によって乗り越えてきました。
それは、壁画のアートであったり、
火を囲んでの踊りや音楽であったりしました。
現代社会においても、
病やトラウマなど苦難を抱える人にとって
アーツが心の支えになることがあります。

このアトリエの主宰者及びスタッフは
専門のトレーニングを受けたセラピストです。
(→ スタッフプロフィール

「うまい・へた」という視点を持たず、
アートを媒介に、コミュニケーションを促したり、
人間が本来持っている自己治癒力生きる力
働きかけたりしていきます。

メニュー/料金

スケジュール

読み込み中... 読み込み中...

ご予約

お知らせ

  • 2019年度「心に働きかけるアート」開催日程が決定しました

    2018.11.29

    2019年度も対人援助に携わる方を対象としたシリーズ全9回を実施します。

    言語発達が未熟な子どもたち、言葉にするのが辛い経験をした人たち、思考にとらわれて本来の感情にアクセスするのが難しい人たちなど、言葉のみの働きかけでは十分な援助ができないと感じたことがあるかもしれません。

    アートなどの諸芸術を用いたアプローチを取り入れて安全に相手の心に働きかけるためのヒントを、実際の体験を元にアートセラピーの考えに触れながら学んでいきます。テーマを選んでの参加、連続しての参加が可能です。

    *この講座は臨床心理士資格取得者の研修機会として「定例型研修会」の承認を受けております。シリーズを通してご参加された方は、第2条第4項のポイントとして2ポイントをご申請いただけます。

    対象者:教育、医療、福祉、心理などの臨床領域で対人援助を行っている方、今後対人援助に表現活動を取り入れたい方。

    開催日:2019年5月10日(金)~2020年2月14日(金)
    (5/10、6/14、7/12、9/13、10/14、11/8、12/13、1/10、2/14)

    *原則的に毎月第2金曜日の19:00~21:00。8月はお休み、10月は10月14日(月・祝)のみ10:00~16:00に実施。

    会場:アップコンセプト・スタジオ(予定)杉並区下井草4−31−15和光マンション1F

    定員:8名

    参加費:全回参加 42000円、単発の場合1回4500円(10/14のみ、1回9000円)
    *ご予約は全回参加申込みの方を優先とさせていただきます。

    講師:倉石聡子(アートセラピスト/臨床心理士)他

    テーマ
    (1)画材の特徴と心理的な影響
    (2)心を開くことをサポートするアート
    (3)ウォーミングアップ(導入)アート
    (4)支援者の自己認識を高めるアート
    (5)グループワークの形が与える影響
    (6)クロージング(終結)のアート
    (7)体験グループ①「支援者としての理想と現実」
    (8)体験グループ②「自分のコアにあるもの」
    (9)体験グループ③「支援において、一粒の滴から波及していくこと」

    お申し込みはこちら

    チラシのPDFはこちら→スタディーグループ2019

  • 10月8日「グループワークの形が与える影響」1日ワークショップ

    2018.09.27

    「グループワークの形が与える影響」1日ワークショップ

    心に働きかけるアートシリーズの1day ワークショップです。
    言語発達が未熟な子どもたち、言葉にするのが辛い経験をした人たち、思考にとらわれて本来の感情にアクセスするのが 難しい人たちなど、言葉のみの働きかけでは十分な援助ができないと感じたことがあるかもしれません。 アートなどの諸芸術を用いたアプローチを取り入れて安全に相手の心に働きかけるためのヒントを、実際の体験を元に アートセラピーの考えに触れながら学んでいきます。
    今回のテーマはグループワークです。グループワークにおいて、集団が個人に、個人が集団に与える影響は様々です。 グループワークの進め方によって、表現そのものや参加者の気持ちにどのような影響を与えるのか、個人ワークと共同制作をそれぞれ体験しながら考えます。

    対象者:教育、医療、福祉、心理などの臨床領域で対人援助を行っている方、今後対人援助に表現活動を取り入れたい方。
    日時:2018年10月8日(月・祝)10:00~16:00
    会場:アップコンセプト・スタジオ  杉並区下井草4−31−15和光マンション1F
    参加費:9000円(1回参加の場合)

    *この講座は臨床心理士資格取得者の研修機会として「単発ワークショップ」の申請予定です。

    お申し込みはこちら

    心に働きかけるアートシリーズのチラシPDFはこちら→ スタディーグループ2018

  • 【2018年】子どものアトリエワークショップ

    2018.05.29

    5歳から小学生対象、週末や夏休みに開催。少人数で行う物作りのワークショップがスタートします。
    様々な素材・画材に触れながら、自由な発想を大切に各々のアイディアを形にしていきます。
    スペースの都合上、見学や付き添いが難しいため、お家の人と離れて一人で参加が可能なお子様に限らせていただきます。

    時間:90〜120分程度
    実施場所:アップコンセプトスタジオ
    定員:8名まで
    参加費:2500円(画材費込)

    ①6/16(土) 13:00~14:30 プラ板でデザインする、オリジナルのモビール
    ②7/20(金) 13:00~14:30 アクセサリーデザインに挑戦、UVレジンのキーホールダー

    講師: 早川正浩 (はやかわまさひろ)
    カリフォルニア州立大学ロングビーチ校芸術学部アート専攻卒業。株式会社サニーアワーズにてオリジナルの子ども雑貨の製造販売、国内外の玩具や文具の仕入れに携わる他、国内のイベントやフェスなどで子どもや親子向けワークショップの企画実施を行っている。

    お申し込みはこちら

  • 【2018年】子どもの心のサインを知る・寄り添うための講座

    2018.04.29

    毎月第2・4木曜日の両方、またはいずれか10時より、アップコンセプトで開催中。
    保護者及び子どもと関わる方を対象とした勉強会です。
     
    言葉が未発達な子どもたちは、遊びや絵、しぐさや行動などによって自分の気持ちを表現しています。子どもの心のサインをどのように読み取り、返していくのか、実際の事例や体験を交えながら学んでいきます。
    子育て中の方、子どもと関わる方であればどなたでもご参加頂けます。
    ※お子様連れでご参加できますが、託児などがございませんので目を離さないようにお願い致します。
     
    第2木曜日は簡単なワークシートに沿って、表情や行動、遊びや創作などから、子どもの表現しているもの、その背景にある子どもの気持ちについて理解を深めていきます。
    各回ごとにテーマを定め、子どもの発達や、心理学の考え方などにも触れていきます。
    身近に関わる子どもを客観的に見つめ直し、対応していく上でのヒントが得られるかもしれません。
     
    第4木曜日は、体験を通してお子様やご自身への理解を深めることを目的とします。実際に簡単なアートワークを行い、色や形で表されたものから、無意識にあるものに気付いたり、自分自身と対話するような感覚を体験します。
    これらの体験は、子供達がどのように非言語で内的世界を表現しているか理解する手がかりとなるかもしれません。
    (アートの経験やスキルは一切必要ありません。)
     
     
    -------------------------------------
    日時:毎月第2・4木曜日の両方、またはいずれか10:00~11:30(月例予定をご確認ください。) 
     
    場所:アップコンセプト・スタジオ
     
    参加対象者:子育て中の保護者、子どもと関わる方
     
    参加費:3000円※杉並子育て応援券が使えます
     
    講師:倉石聡子(臨床心理士、アートセラピスト)
     
    お申込み方法:当団体ホームページ、プログラムの予約フォームより。
    または、メール(studio@apconcept.jp)でお名前と参加希望日をご連絡ください。
     
    お問合せ:studio@apconcept.jpまたは070-6635-1515(スタジオ直通)
     
     
    ●年間予定*テーマや内容は予告なく変更する場合があります。
     
    5月 勉強会「子どもの心のテーマとは?」 アートセラピーの体験「木のシンボル」
     
    6月 勉強会「子どもの好き嫌いは?」 アートセラピーの体験「好き」と「嫌い」
     
    7月 勉強会「子どもの五感、身体感覚って?」 アートセラピーの体験「体にフォーカスする」
     
    8月 お休み
     
    9月 勉強会「子どもの身体が表現するものとは?」 アートセラピーの体験「自分の身体と色」
     
    10月 勉強会「子どもの感情発達とは?」 アートセラピーの体験「感情を色や形で表現する」
     
    11月 勉強会「子どもの想像力とは?」 アートセラピーの体験「この扉を開けたら」
     
    12月 勉強会「子どものレジリエンスとは?」 アートセラピーの体験「一年を振り返る」
     
     
    お申し込みはこちら
     

  • 【2018年】乳幼児親子向け「えほんの時間」

    2018.04.10

    平成30年度子どもゆめ基金の助成を受けて、乳幼児親子向けグループを今年度も実施いたします。

    「えほんの時間」では、絵本の読み聞かせと季節の絵本の紹介を行った後、小さなお子様と一緒でも楽しめる簡単な創作を楽しんで頂きます。

    毎月第3水曜日、アップコンセプト・スタジオにて、参加費無料、申込み不要ですので、どうぞお気軽にご参加ください。

     

    日時:毎月第3水曜日【8月を除く】 10:00-11:00(受付開始9:50)

    場所:アップコンセプト・スタジオ

    参加費:無料

    参加対象:乳幼児親子10名位まで

     

    ※申込み不要です。直接会場までお越しください。

    定員に達し次第、受付終了となりますのでご了承下さい

     

    えほん(web)
     

  • 【2018年春・秋・冬】子どものグループアートセラピー参加者募集

    アップコンセプト・スタジオでは、子どものグループアートセラピーを学期ごとに開催しています。

    例えば、
    園や学校などの集団で課題を感じている
    自分をうまく表現できない
    創作や描画に苦手意識が強い
    不安や緊張が高い、など

    お子様の様子を見ながら、目標やプランを決めて取り組んでいきます。
    気持ちをほぐすアート、関わり合いを促すゲームや遊び、グループのルール作りなど、セラピストと小人数(5名以下)の子どもたちでメンバー固定のグループとなり、継続して行っていきます。
    安全な空間で、安心できる仲間と、創作を通して協働したり、お互いに認め合ったり、課題に挑戦したりしていきます。

    小集団のアート活動の中で以下のようなものが育まれていきます。
    ー自己肯定感や自尊心
    ーソーシャルスキルやコミュニケーション力
    ー表現への喜びや人と関わる楽しさ
    これらの力は、より大きな集団の中で、また今後の成長において、子ども達の生きる力となることでしょう。

    開催日 : 4月〜7月、9月〜12月、1月〜3月 不定期の金曜日
    時間: 16:00〜17:15
    ※参加者間の調整により日時が変更になる場合があります。)
    セラピスト:倉石聡子(アップコンセプト)
    参加費 : 1回3000円×実施回数(画材材料費、保険料込)

    お申込にあたって:
    ・なるべく事前にスタジオ見学や体験に参加するなど、実際の雰囲気や画材に触れてみてください。(体験1回 1500円)
    ・グループ開始前に対面またはメールにてお子様の様子を詳しくお聞かせください。
    ・グループの目標、個人の目標などを検討し、他のメンバーとの組み合わせを行います。
    ・曜日と時間を決定し、グループを開始します。
    (既に活動が始まっている場合、そのクールは途中回からの参加となります。)
    ・参加費は初回に一括でお支払いください。
    ・決定した日時にグループは開催されます。欠席の場合の振り替えができませんのでご了承ください。
    ・1クール終了した後に振り返りシートをお渡しし、保護者の方と振り返りを行います。(メールなど)

    ご相談やご質問など、お気軽にご連絡ください。
    studio@apconcept.jp


    グループアートセラピーのチラシPDF版

  • 【2018年】コドモと楽しむモノづくりワークショップ

    2018.01.30

    毎月第2土曜日に開催中の「コドモと楽しむモノ作りワークショップ」は、週末に親子で参加頂けるプログラムです。
    創作を通して親子で楽しい時間を過ごすこと、様々な素材に慣れ親しんでいくことを目的としています。
    「クリスマスの家づくり」「家族のフォトフレーム作り」「ランプシェード作り」「家族のフラッグ作り」など毎月テーマを決めて創作していきます。
    年間予定をご参照の上、お早めにお申込みください。

    開催日:毎月第2土曜日
    時間:第1回目 13:00-14:30 第2回目 15:00-16:30
    場所:アップコンセプト・スタジオにて(杉並区下井草4-31-15)
    参加費: 親子で2500円(材料費込)
    ※杉並子育て応援券が使用できます。

    【年間予定】
    1/13「家族のフォトフレーム作り」(木のフレーム、タイル、毛糸、ビーズなど)
    2/10「オリジナルフラッグ作り」(布はぎれ、ラメ、ビーズ、羽根など)
    3/10「ランプシェードを作ろう(アクリル板、ミニランプ、和紙、お花紙、セロファンなど)
    4/14「布こいのぼりを作ろう」(布はぎれ、布クレヨン、糸、ボタンなど)
    5/12「UVレジンのアクセサリー」(押し花、貝殻、ラメ、UVレジン)
    6/9「スタンプアートのエコバック」(アクリル絵の具、端材、消しゴム、夏野菜など)
    7/14「和紙のうちわ」(お花紙、和紙、色水」
    8月 お休み
    9/8「コラージュボード」(発砲ボード、雑誌の切り抜き他)
    10/13「手作りジオラマ」(クラフトボックス、粘土他)
    11/10「秋の贈り物」(どんぐり、松ぼっくり、枝、自然素材)
    12/8 「木のお家作り」(木板、クラフト材)

    講師: 早川正浩 (はやかわまさひろ)
    カリフォルニア州立大学ロングビーチ校芸術学部アート専攻卒業。株式会社サニーアワーズにてオリジナルの子ども雑貨の製造販売、国内外の玩具や文具の仕入れに携わる他、国内のイベントやフェスなどで子どもや親子向けワークショップの企画実施を行っている。

    お申し込みはこちら

  • 【2018年度】心に働きかけるアート〜対人援助者のためのスタディーグループ〜

    2018.01.22

    対人援助に携わる方を対象としたシリーズ全9回がスタート致します。

    言語発達が未熟な子どもたち、言葉にするのが辛い経験をした人たち、思考にとらわれて本来の感情にアクセスするのが難しい人たちなど、言葉のみの働きかけでは十分な援助ができないと感じたことがあるかもしれません。

    アートなどの諸芸術を用いたアプローチを取り入れて安全に相手の心に働きかけるためのヒントを、実際の体験を元にアートセラピーの考えに触れながら学んでいきます。テーマを選んでの参加、連続しての参加が可能です。

    *この講座は臨床心理士資格取得者の研修機会として「定例型研修会」の承認を受けております。シリーズを通してご参加された方は、第2条第4項のポイントとして2ポイントをご申請いただけます。

    対象者:教育、医療、福祉、心理などの臨床領域で対人援助を行っている方、今後対人援助に表現活動を取り入れたい方。

    開催日:2018年5月11日(金)〜2019年2月8日(金)
    5/11、6/8、7/13、9/14、10/8、11/9、12/14、1/11、2/8
    *原則的に毎月第2金曜日の19:00~21:00。8月はお休み、10月は10月8日(月・祝)のみ10:00~16:00に実施。

    会場:アップコンセプト・スタジオ(予定)杉並区下井草4−31−15和光マンション1F

    定員:8名

    参加費:全回参加 42000円、単発の場合1回4500円(10/8のみ、1回9000円)
    *ご予約は全回参加申込みの方を優先とさせていただきます。

    講師:倉石聡子(アートセラピスト/臨床心理士)他

    テーマ
    (1)画材の特徴と心理的な影響 (5/11)
    (2)心を開くことをサポートするアート (6/8)
    (3)ウォーミングアップ(導入)のアート (7/13)
    (4)支援者の自己認識を高めるアート (9/14)
    (5)グループワークの形が与える影響 (10/8)
    (6)クロージング(終結)のアート (11/9)
    (7)体験グループ①「支援者としての理想と現実」 (12/14)
    (8)体験グループ②「自分のコアにあるもの」 (1/11)
    (9)体験グループ③「支援において、一粒の滴から波及していくこと」 (2/8)

    お申し込みはこちら

    チラシのPDFはこちら→ スタディーグループ2018

  • 【2017前期】対人援助者のためのセルフケアアート(3回シリーズ)

    2017.04.30

    対人援助者のためのセルフケア・アート3回シリーズ、テーマ#1「自分らしさってなんだろう」

    人と関わる仕事は、エネルギーを使う上に、受け取るものも多大です。受け取ったもの、吸収したものが何なのか、眺めたり、手放したり、別の形で受け取ったりするプロセスが欠かせません。この時間は、画材に触れ、アートワークをじっくりと体験していきます。
    アートの経験やスキルは一切問いません。援助者の自分から離れ、アートの力を借りながら本来の自分として過ごしてみませんか。

    日時: 金曜日19:00~21:00

    5/19(金)「支援者としての理想と現実って?」
    6/16(金)「支援者としてのオンとオフって?」
    7/21(金)「自分のコアにあるものは?」

    参加費:1回4500円、3回12000円(画材費込)

    会場:アップコンセプト・スタジオ

    講師:辻ロビン、倉石聡子

    ーーーーーーーーーーーーー

    対人援助者のためのセルフケア・アート3回シリーズ、テーマ#2「自分らしさを保つこと、生かすこと」

    日時: 9/15(金)、10/20(金)、11/17(金)19:00~21:00

    9/15 (金)「自分の強みってなんだろう?」
    10/20(金)「支援の中で、自分の弱みとどうつきあうか」
    11/17(金)「支援において、一粒の滴から波及していくこと」

    参加費:1回4500円、3回12000円(画材費込)

    会場:アップコンセプト・スタジオ

    講師:辻ロビン、倉石聡子

    ーーーーーーーーーーーーー
    対人援助者向けシリーズのチラシは、http://apconcept.jp/news/2017/01/06/16-17-59/

    お申し込みはこちら

  • 【2017年春・秋・冬】子どものグループアートセラピー参加者募集

    2017.03.31

    アップコンセプト・スタジオでは、子どものグループアートセラピーを学期ごとに開催しています。

    例えば、
    園や学校などの集団で課題を感じている
    自分をうまく表現できない
    創作や描画に苦手意識が強い
    不安や緊張が高い、など

    お子様の様子を見ながら、目標やプランを決めて取り組んでいきます。
    気持ちをほぐすアート、関わり合いを促すゲームや遊び、グループのルール作りなど、セラピストと小人数の子どもたちでメンバー固定のグループとなり、継続して行っていきます。
    安全な空間で、安心できる仲間と、創作を通して協働したり、お互いに認め合ったり、課題に挑戦したりしていきます。

    小集団のアート活動の中で以下のようなものが育まれていきます。
    ー自己肯定感や自尊心
    ーソーシャルスキルやコミュニケーション力
    ー表現への喜びや人と関わる楽しさ
    これらの力は、より大きな集団の中で、また今後の成長において、子ども達の生きる力となることでしょう。

    開催日 : 4月〜7月、9月〜12月、1月〜3月 不定期の金曜日、月曜日(仮)
    時間: 15:45~17:00
    ※参加者間の調整により日時が変更になる場合があります。)
    セラピスト:倉石聡子(アップコンセプト)
    参加費 : 1回3000円×実施回数(画材材料費、保険料込)

    お申込にあたって:
    ・なるべく事前にオープンアトリエに参加するなど、実際のスタジオの雰囲気や画材に触れてみてください。(アトリエ参加1回 1500円)
    ・グループ開始前に対面またはメールにてお子様の様子を詳しくお聞かせください。
    ・グループの目標、個人の目標などを検討し、他のメンバーとの組み合わせを行います。
    ・曜日と時間を決定し、グループを開始します。
    (既に活動が始まっている場合、そのクールは途中回からの参加となります。)
    ・参加費は初回に一括でお支払いください。
    ・決定した日時にグループは開催されます。欠席の場合の振り替えができませんのでご了承ください。
    ・1クール終了した後に振り返りシートをお渡しし、保護者の方と振り返りを行います。(メールなど)

    ご相談やご質問など、お気軽にご連絡ください。
    studio@apconcept.jp

お問い合わせ

電話 070-6635-1515 (スタジオ直通)

セッション中など電話に出られないことがあります。留守番電話にお名前とご連絡先を残して頂ければ、こちらから折り返し致します。

サポーター

スタジオが誕生するまで

クラウドファンディングを通して、52名の皆さまのご支援を頂き、スタジオオープンを迎えることができました。ReadyFor 「空き店舗を活用して、アートを用いた心の支援の拠点を作りたい」 オープンに至るまでには、お手伝いの方をはじめ多くの方に支えて頂きました。プロセスを重視するアートセラピーのスタジオらしく、想像と創造を重ねながら、家具や照明などの内装も全て手作りして完成を迎えました。ご支援、ご協力を頂いた全ての皆さまに改めて御礼申し上げます。

スタジオオープンにご支援くださった皆様

お名前

(あいうえお順、敬称略)

入江 杏 (ミシュカの森主宰・文筆家・世田谷区グリーフサポート検討委員・上智大学非常勤講師)
井上 里美 (アートセラピスト・臨床心理士、児童養護施設別府平和園)
井上 多英子
内田 あや (パーソナルトレーナー) http://as-i-am.net
及川 圭子
尾辻 加奈子
小原 厚子
小尻 美奈 (一般社団法人日本アンガーマネジメント協会アンガーマネジメントシニアファシリテーター)
熊谷 珠美 (HEARTカウンセリングセンター)
倉石 綾子
佐藤 知央 (Office CLUTCH代表)
鈴木 智佳子
田中 麻由子
田畑 智恵 (tomoe pastel、日本パステルシャインアート協会 マスターインストラクター)
辻本 万里
堂面 さつき http://ameblo.jp/dsatsukismile/
日高 潤子 (カウンセリングルーム・フィーレスト 臨床心理士) http://www.feerest.com/
福田 大 (双日米国会社 事業開発部 副部長)
前澤 玲子 (Rink Music ) http://rinkmusic.net
松村 マリー
水口 玲子
三輪 ゆうこ (美術家、アトリエ蓮根庵) http://www.i-m.mx/renkonan/renkonan-miwayuko/
山本 佑子 (臨床心理士)
渡部 聖子 (相談支援専門員、アートセラピスト)
Naomi Saito
Y.O (療育スタッフ)
Y.Y

他、28名の皆さまのご支援を頂きました。

プライバシーポリシー (個人情報保護への取り組み)について

アップコンセプト スタジオは業務上知り得たクライアントの個人情報を適切且つ安全に取り扱います。

・個人情報を扱うにあたって、個人情報の保護に関する法律と規範を遵守します。
・申込時に記入頂いた個人情報は、本スタジオのサービスに関わる連絡以外に使用することはありません。
・ご本人の同意なしに第三者に個人情報を開示・提供することはありません。ただし、法令により開示が求められた場合、自傷、他害の恐れがある場合は、この限りではありません。
・心理の専門家である臨床心理士は、臨床心理士会倫理綱領にのっとり、カウンセリング業務で知り得た情報について秘密保持、及び情報の管理保持等を遵守します。


@charset "UTF-8"; /* CSS Document */ /* Theme Name: apconcept Theme URI: http://www.apconcept.jp Version: 1.0 Description: 2 Column theme Author: apconcept Author URI: http://www.apconcept.jp */