プログラム

*CATとはクリエイティブ・アーツ・
セラピーの略称です。

2022 年 11 月 1 日

【2022年】心に働きかけるアート:アドバンスド講座(全4回・オンライン)

心に働きかけるアート アドバンスド講座 (4回・オンライン)

対人援助にアートを生かすため、より具体的なアプローチについて触れるテーマ 別連続講座です。 対象者や現場によって、いかにアートを取り入れていくのか、 アートをどのように応用していくのか、4名のアートセラピストと共に、 実際のア ートワークを体験しながら学びを深めていきます。

参加対象者: 過去に当団体のスタディーグループを受講されている方。アートセラピーの臨床的なトレーニングを受けられた方。

開催日: 2022/12/23(金). 2023/1/28(土). 2/24(金). 3/24(金)

開催時間: 金曜日 20:00~22:00 土曜日10:00~12:00

開催方法: オンラインZOOM

参加費:14500 全回受講: 16500円  *全回申込の方のみ、欠席した場合のアーカイブ視聴が可能です。

申込方法:APCONCEPTHP 「プログラム予約」よりhttps://bit.ly/3WiAlEa

①12/23 () MSEを活かしたフィードバックの展開について」

クライアントの状態を探索する メンタル・ステータス・イグ ザム (MSE)を振り返ります。 MSEで得た情報をもとにアート 作品への声がけや創作中の認識ポイントなどを皆さんと共に探っていきたいと思います。

講師: 李承喜/Sue Lee 米国アートセラピー協会認定アートセラピスト、 カリフォルニア州認定心理療法士・ 結婚家族療法士、 公認心理師

②1/28() 「アートを取り入れたアセスメントについて」

アートセラピーにおいても、セラピーの方向性を検討する際 幅広いアセスメントのアプローチが存在します。 この回では 初期段階にアセスメント目的のアート5コを選ぶ過程について 紹介し、アート体験を取り入れながらアートとアセスメントについて一緒に考えたいと思います。

講師: 辻ロビン/Robyn Tsuji 米国アートセラピー協会登録アートセラピスト、 オレゴン州認定臨床心理士 (LPC)

③2/24 () 「子どもに寄り添う手立てとして: 描画の発達的、心理的な理解」

言葉による表現がまだ未熟な子ども達を理解し、寄り添う上 で、アートが手がかりとなることがあります。 描画の発達の基 礎についてのレクチャーと、 事例紹介をしながら、 子どものア ートに現れる様々なサインについて、皆さんと考えていきたい と思います。

講師: 倉石聡子/ Akiko Kuraishi  米国アートセラピー協会登録アートセラピスト、 臨床心理士、公認心理師

④3/24() 「息とこころの在り方の関係について、 アートセラピーへの応用」

呼吸の状態とこころの状態は密接な関係があります。 科学的なデ や、ヨガやめい想、座禅の効能などをもとに、呼吸、息を整 えることの大切さをお話します。 呼吸を整えることが心理療法に どのような影響があるか、 また支援者にもどのような恩恵があるのか、そしてアートを用いたセラピーにどのように取り入れていけるかなどについてもお話します。

講師:藤澤玲子/Reiko Fujisawa 米国アートセラピー協会認定アートセラピスト、 米国NY州認定クリエイティブアーツセラピスト、 公認心理師

 

 

2022 年 1 月 18 日

【2022年4月〜】心に働きかけるアート〜対人援助者のためのスタディーグループ〜

 援助職の方を対象としたスタディーグループ、2022年度よりオンラインで再スタートします。

 言語発達が未熟な子どもたち、言葉にするのが辛い経験をした人たち、思考にとらわれて本来の感情にアクセスするのが難しい人たちなど、言葉のみの働きかけでは十分な援助ができないと感じたことがあるかもしれません。
 アート(視覚芸術)を用いたアプローチを取り入れて、安全に相手の心に働きかけるためのヒントや、アートをアセスメントに用いる視点、画材やテーマの特徴やビジュアルアートに関する知識、グループワークの構成の仕方等について、実際のアート演習とレクチャーを元に臨床アートセラピーの考えに触れながら学んでいきます。

 このプログラムは、実際に画材に触れたり、描いたり、少人数グループでのアート体験を重視して行ってきました。対面開催からオンラインに変更しても、引き続き演習を取り入れていきますので、各自で画材のご準備をお願い致します。

◾️開催日 2022年4月22日(金)~2022年11月25日(金)
(4/22, 5/27, 6/24, 7/22, 8/26, 9/30, 10/28, 11/25)
◾️開催時間 20:00~22:00
◾️実施方法 オンラインZoom
◾️参加対象者 対人援助に関わる方。心理、福祉、医療、教育等にアートを取り入れたい方
参加費: 全8回 36000円*原則的に全回を通しての参加、一括振り込みを お願いします。開始後、参加者の都合による返金には応じられません。

◾️講師 倉石聡子(くらいしあきこ)
米国アートセラピー協会登録アートセラピスト(ATR)、 公認心理師、臨床心理士。公立学校スクールカウンセラー、 日本女子大学非常勤講師、日本クリエイティブ・アーツセラピー学会理事他。DV支援、トラウマケアを目的としたアートプログラム、子供から成人まで様々な対象者へのアートセラピーセッション、アートセラピーを用いた教育・研修に携わる。アップコンセプト・スタジオ代表。

* このグループは、アートセラピーの理論と実践をベースに進めていきますが、アートセラピーの専門トレーニング、アートセラピストの育成は目的としていません。

お申込みはこちらまで

 

チラシPDF→ スタディグループ2022

 

2018 年 11 月 29 日

2019年度「心に働きかけるアート」開催日程が決定しました

2019年度も対人援助に携わる方を対象としたシリーズ全9回を実施します。

言語発達が未熟な子どもたち、言葉にするのが辛い経験をした人たち、思考にとらわれて本来の感情にアクセスするのが難しい人たちなど、言葉のみの働きかけでは十分な援助ができないと感じたことがあるかもしれません。

アートなどの諸芸術を用いたアプローチを取り入れて安全に相手の心に働きかけるためのヒントを、実際の体験を元にアートセラピーの考えに触れながら学んでいきます。テーマを選んでの参加、連続しての参加が可能です。

*この講座は臨床心理士資格取得者の研修機会として「定例型研修会」の承認を受けております。シリーズを通してご参加された方は、第2条第4項のポイントとして2ポイントをご申請いただけます。

対象者:教育、医療、福祉、心理などの臨床領域で対人援助を行っている方、今後対人援助に表現活動を取り入れたい方。

開催日:2019年5月10日(金)~2020年2月14日(金)
(5/10、6/14、7/12、9/13、10/14、11/8、12/13、1/10、2/14)

*原則的に毎月第2金曜日の19:00~21:00。8月はお休み、10月は10月14日(月・祝)のみ10:00~16:00に実施。

会場:アップコンセプト・スタジオ(予定)杉並区下井草4−31−15和光マンション1F

定員:8名

参加費:全回参加 42000円、単発の場合1回4500円(10/14のみ、1回9000円)
*ご予約は全回参加申込みの方を優先とさせていただきます。

講師:倉石聡子(アートセラピスト/臨床心理士)他

テーマ
(1)画材の特徴と心理的な影響
(2)心を開くことをサポートするアート
(3)ウォーミングアップ(導入)アート
(4)支援者の自己認識を高めるアート
(5)グループワークの形が与える影響
(6)クロージング(終結)のアート
(7)体験グループ①「支援者としての理想と現実」
(8)体験グループ②「自分のコアにあるもの」
(9)体験グループ③「支援において、一粒の滴から波及していくこと」

お申し込みはこちら

チラシのPDFはこちら→スタディーグループ2019

2018 年 9 月 27 日

10月8日「グループワークの形が与える影響」1日ワークショップ

「グループワークの形が与える影響」1日ワークショップ

心に働きかけるアートシリーズの1day ワークショップです。
言語発達が未熟な子どもたち、言葉にするのが辛い経験をした人たち、思考にとらわれて本来の感情にアクセスするのが 難しい人たちなど、言葉のみの働きかけでは十分な援助ができないと感じたことがあるかもしれません。 アートなどの諸芸術を用いたアプローチを取り入れて安全に相手の心に働きかけるためのヒントを、実際の体験を元に アートセラピーの考えに触れながら学んでいきます。
今回のテーマはグループワークです。グループワークにおいて、集団が個人に、個人が集団に与える影響は様々です。 グループワークの進め方によって、表現そのものや参加者の気持ちにどのような影響を与えるのか、個人ワークと共同制作をそれぞれ体験しながら考えます。

対象者:教育、医療、福祉、心理などの臨床領域で対人援助を行っている方、今後対人援助に表現活動を取り入れたい方。
日時:2018年10月8日(月・祝)10:00~16:00
会場:アップコンセプト・スタジオ  杉並区下井草4−31−15和光マンション1F
参加費:9000円(1回参加の場合)

*この講座は臨床心理士資格取得者の研修機会として「単発ワークショップ」の申請予定です。

お申し込みはこちら

心に働きかけるアートシリーズのチラシPDFはこちら→ スタディーグループ2018

2018 年 1 月 22 日

【2018年度】心に働きかけるアート〜対人援助者のためのスタディーグループ〜

対人援助に携わる方を対象としたシリーズ全9回がスタート致します。

言語発達が未熟な子どもたち、言葉にするのが辛い経験をした人たち、思考にとらわれて本来の感情にアクセスするのが難しい人たちなど、言葉のみの働きかけでは十分な援助ができないと感じたことがあるかもしれません。

アートなどの諸芸術を用いたアプローチを取り入れて安全に相手の心に働きかけるためのヒントを、実際の体験を元にアートセラピーの考えに触れながら学んでいきます。テーマを選んでの参加、連続しての参加が可能です。

*この講座は臨床心理士資格取得者の研修機会として「定例型研修会」の承認を受けております。シリーズを通してご参加された方は、第2条第4項のポイントとして2ポイントをご申請いただけます。

対象者:教育、医療、福祉、心理などの臨床領域で対人援助を行っている方、今後対人援助に表現活動を取り入れたい方。

開催日:2018年5月11日(金)〜2019年2月8日(金)
5/11、6/8、7/13、9/14、10/8、11/9、12/14、1/11、2/8
*原則的に毎月第2金曜日の19:00~21:00。8月はお休み、10月は10月8日(月・祝)のみ10:00~16:00に実施。

会場:アップコンセプト・スタジオ(予定)杉並区下井草4−31−15和光マンション1F

定員:8名

参加費:全回参加 42000円、単発の場合1回4500円(10/8のみ、1回9000円)
*ご予約は全回参加申込みの方を優先とさせていただきます。

講師:倉石聡子(アートセラピスト/臨床心理士)他

テーマ
(1)画材の特徴と心理的な影響 (5/11)
(2)心を開くことをサポートするアート (6/8)
(3)ウォーミングアップ(導入)のアート (7/13)
(4)支援者の自己認識を高めるアート (9/14)
(5)グループワークの形が与える影響 (10/8)
(6)クロージング(終結)のアート (11/9)
(7)体験グループ①「支援者としての理想と現実」 (12/14)
(8)体験グループ②「自分のコアにあるもの」 (1/11)
(9)体験グループ③「支援において、一粒の滴から波及していくこと」 (2/8)

お申し込みはこちら

チラシのPDFはこちら→ スタディーグループ2018

2017 年 4 月 30 日

【2017前期】対人援助者のためのセルフケアアート(3回シリーズ)

対人援助者のためのセルフケア・アート3回シリーズ、テーマ#1「自分らしさってなんだろう」

人と関わる仕事は、エネルギーを使う上に、受け取るものも多大です。受け取ったもの、吸収したものが何なのか、眺めたり、手放したり、別の形で受け取ったりするプロセスが欠かせません。この時間は、画材に触れ、アートワークをじっくりと体験していきます。
アートの経験やスキルは一切問いません。援助者の自分から離れ、アートの力を借りながら本来の自分として過ごしてみませんか。

日時: 金曜日19:00~21:00

5/19(金)「支援者としての理想と現実って?」
6/16(金)「支援者としてのオンとオフって?」
7/21(金)「自分のコアにあるものは?」

参加費:1回4500円、3回12000円(画材費込)

会場:アップコンセプト・スタジオ

講師:辻ロビン、倉石聡子

ーーーーーーーーーーーーー

対人援助者のためのセルフケア・アート3回シリーズ、テーマ#2「自分らしさを保つこと、生かすこと」

日時: 9/15(金)、10/20(金)、11/17(金)19:00~21:00

9/15 (金)「自分の強みってなんだろう?」
10/20(金)「支援の中で、自分の弱みとどうつきあうか」
11/17(金)「支援において、一粒の滴から波及していくこと」

参加費:1回4500円、3回12000円(画材費込)

会場:アップコンセプト・スタジオ

講師:辻ロビン、倉石聡子

ーーーーーーーーーーーーー
対人援助者向けシリーズのチラシは、http://apconcept.jp/news/2017/01/06/16-17-59/

お申し込みはこちら

2017 年 1 月 6 日

【2017年シリーズ】対人援助者のためのアート

昨年秋よりスタートした、対人援助者のためのスタディーグループは好評を頂き、2月でシリーズ終了を迎えます。
 
2017年度は、スタディーグループに加え、新たに対人援助者のためのセルフケア・アートと題し、援助者のセルフケアに焦点を当てた体験的なグループを3回シリーズで開催していきます。
 
「対人援助者のためのアート2017」年間予定が決まりましたので、チラシをご参考ください。
 

2016 年 7 月 17 日

「心に働きかけるアートー対人援助職のためのスタディ-グループ」9月スタート

対人援助に携わる方を対象とした全6回のスタディーグループがスタート致します。
言語発達が未熟な子どもたち、 言葉にするのが辛い経験をした人たち、思考にとらわれて本来の感情にアクセスするのが難しい人たちなど、言葉のみの働きかけでは十分な援助ができないと感じたことがあるかもしれません。
 
アートなどの諸芸術を用いたアプローチを取り入れて安全に相手の心に働きかけるためのヒントを、実際の体験を元にアートセラピーの考えに触れながら学んでいきます。テーマを選んでの参加、連続しての参加が可能です。
 
対象者
教育、医療、福祉、心理などの分野で、対人援助に表現活動を取り入れたい方
 
テーマ
(1)画材の特徴と心理的な影響
(2)心を開くことをサポートするアート
(3)ウォーミングアップ(導入)のアート
(4)支援者の自己認識を高めるアート
(5)グループワークの形が与える影響
(6)クロージング(終結)のアート
 
日程:9/16(金)、10/14(金)、11/11(金)、12/9(金)、2017/1/15(日)、2/10(金)
時間:金曜日は19:00~21:00、日曜日は10:00~15:00
参加費:4500円(画材材料費込)、1/15(日)のみ8000円 ※全回参加29000円
場所:アップコンセプト・スタジオ→井草地域区民センター(杉並区下井草5丁目7番22号)に変更となりました。詳細は申込み時にお知らせいたします。
講師:辻ロビン(アートセラピスト)、倉石聡子(アートセラピスト/臨床心理士)
 
お申し込みはこちら
 
詳細についてはチラシをご覧ください。
 
スタディ-グループチラシ