プログラム

*CATとはクリエイティブ・アーツ・
セラピーの略称です。

2017 年 5 月 20 日

ミニシンポジウム 「家族を支えるクリエイティブ・アーツ 〜困難を抱えた子どもと家族によりそうために〜」申込受付開始

ミニシンポジウム「家族を支えるクリエイティブ・アーツ 〜困難を抱えた子どもと家族によりそうために〜」のご案内

子ども支援を考えるとき、そこには必ず家族の存在があります。支援者には、家族を含めた視点が必要だと感じます。
クリエイティブ・アーツは、言語表現が未熟な子どもにとって、取り巻く世界を感じ、理解し、表現するための大切な媒体です。
大人にとっては、子どもの思いを知る手がかりです。
この会では、子ども支援の担い手となる参加者とともに、家族を含めて関わるとはどういうことか、その過程でクリエイティブ・アーツという媒体がどのような役割を担うのかを考えます。
参加者同士のネットワークづくりの機会にしたいとも考えます。

日時 2017年6月25日(日)10:00〜16:30(受付開始 9:40)

会場 東京ウィメンズプラザ1階 視聴覚室
(〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-53-67)

プログラム

10:00‐12:00  基調講演&ミュージックセラピー体験
「クリエイティブ・アーツが“家族”にできること〜レジリエンス(精神的回復力)の形成にむけて〜」
講師 鈴木琴栄(全米・日本音楽療法学会認定音楽療法士)

13:00‐14:00 レクチャー「地域で家族を支える〜創造的な活動がもたらすこと〜」
講師 天野敬子(不登校・ひきこもり研究所 精神保健福祉士)

14:00‐15:00 レクチャー「アートセラピーの可能性 〜児童養護施設の現場から〜」
講師 井上里美(児童養護施設別府平和園 臨床心理士)

15:15‐16:30 全体会(一日を振り返る対話とアートワーク)
ファシリテーター 井口雅子・倉石聡子(アップコンセプト)

対象者 教育、医療、福祉、心理などの分野で子どもや家族に携わる方、表現活動を行っている方、地域で活動を行っている方、行政関係者、保護者、学生など

参加費 500円(当日会場にてお支払いいただきます)

定員  80名

申込方法
下記申込フォームまたは、シンポジウム事務局までメール(info@apconcept.jp)にて下記を記載の上お申し込みください。
1.参加者氏名 2.参加人数 3.所属などあれば 4.参加動機

◇主催 : アップコンセプト(www.apconcept.jp)

◇お問い合わせ : シンポジウム事務局(info@apconcept.jp)
お申し込みはこちら
family
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
プログラム内容詳細

1.基調講演&クリエイティブ・アーツセラピー体験 「クリエイティブ・アーツが「家族」にできること〜レジリエンス(精神的回復力)の形成にむけて〜」10:00-12:00

子どもの貧困、児童虐待、離婚率の増加などを背景に、近年の日本でも様々なバックグラウンドをもつ「家族」の在り方が広がっています。多様な「家族」においても、早期の親子の絆の形成は、子供の発達に欠かせない基盤となります。様々なストレスに耐久し、それらをも跳ね返して生きていく力を「レジリエンス」と呼び、それを育む鍵としてアート媒体を通じた表現やかかわりが注目されています。NYコロンビア大学病院の精神科医とアーティストたちが25年前に始めた、児童虐待防止などを目的とした「予防的」コミュニティープログラムの紹介を通じ、日本におけるコミュニティーづくりにおけるCATの可能性なども踏まえながら、私たちはそこから何を学べるか、共に探っていきたいと思います。

講師:鈴木 琴栄 (すずき ことえ) 全米・日本音楽療法学会認定音楽療法士
2016年1月までモロイ大学音楽学部音楽療法学科講師、コロンビア大学付属病院児童・精神科に在職。ニューヨーク大学大学院音楽療法学科修士課程修了。レズリー大学博士課程在籍中。音楽心理療法やスーパービジョンも行っている。現在、人口4千人、高齢者率約半数を占める高知県土佐町に家族で移住。中山間地における「集落福祉」において、医療・福祉・教育をつなぐコミュニティー音楽療法の可能性を模索中。共著『新しい芸術療法の流れ』、共訳書『音楽中心音楽療法』がある。

2.レクチャー「地域で家族を支える〜創造的な活動がもたらすこと〜」13:00‐14:00

子どもにとって五感を使ったクリエイティブな“遊び”は成長に欠かすことができません。自発的に主体的に遊ぶことによって、子どもたちはさまざまな学びを得るのです。不登校の子どもたちにとって、家から一歩出て安心していられる居場所を地域の中に見つけることは回復への大きな一歩です。アートを使ったワークショップを毎月開催しています。そこでは上手下手を問われずに自分の作品をつくりあげます。「子ども食堂」の活動が全国に広がっています。食事は人間に必須の大事な営みです。ただ、空腹を満たすだけでなく、そこに人と人との交流があってこそ、豊かな時間となるのです。そして、料理もまた創造的な活動なのです。

講師: 天野 敬子(あまの けいこ)
不登校・ひきこもり研究所代表、精神保健福祉士、社会福祉学修士、ダンスセラピスト。昭和56年3月神戸大学教育学部卒業。平成18年3月大正大学大学院人間学科社会福祉専攻修士課程修了。平成20年よりスクールソーシャルワーカーとして活動。居場所づくりをテーマに地域活動に専心している。NPO法人豊島子どもWAKUWAKUネットワーク事務局長。

3.レクチャー「アートセラピーの可能性 〜児童養護施設の現場から〜」14:00−15:00

児童養護施設は、児童福祉法に定められた児童福祉施設です。そこには、様々な背景を持った子どもたちが親から離れて暮らしており、多くの子どもたちは被虐待児です。中には、表面的には明るく元気いっぱいだけれども、実は心に深い傷を抱えたまま過剰適応という方法で生き抜いている子どもたちも少なくないです。そのような子どもたちに、どのようにアートセラピーを行ってきたか、非常勤で2年、常勤では10年、計12年間働いてきた経験をもとに、事例を通して子どもたちを理解し、アートセラピーを行う上での課題と利点を織り交ぜながら、今後のアートセラピーの可能性を探っていきたいと思います。

講師:井上 里美(いのうえ さとみ)児童養護施設別府平和園 臨床心理士
大分県出身。英語教師になる為にアメリカ留学。しかし、大学でアートのクラスを受けるうちに、アートセラピーに興味を持ち、そのままアメリカの大学院にてアートセラピーを専攻。少年鑑別所などでインターンをし、2004年9月に卒業。帰国後は大分県の児童養護施設別府平和園で個人のアートセラピーを子どもたちに2年間行い、同施設で常勤心理士となる。その後、臨床心理士資格を取得し、アートセラピーのみでなく心理職全般を行っている。

4.全体会(一日を振り返る対話とアートワーク)15:15−16:30

1日を通して、感じたこと、受け取ったことを全員で振り返る時間です。今日の体験から生まれてきた言葉を元に、参加者同士で対話をしたり、色や形に表したりしていきます。後半、小グループに分かれ、家族の形をイメージしながら、体で感じたり、動いたりしていきます。

ファシリテーター
井口 雅子 (いぐち まさこ)アップコンセプト、ドラマセラピスト、チャイルドライフスペシャリスト
倉石 聡子(くらいし あきこ)アップコンセプト、アートセラピスト、臨床心理士

2017 年 4 月 30 日

対人援助者のためのセルフケアアート(3回シリーズ)がスタートします

対人援助者のためのセルフケア・アート3回シリーズ
テーマは「自分らしさってなんだろう」です。
 
人と関わる仕事は、エネルギーを使う上に、受け取るものも多大です。受け取ったもの、吸収したものが何なのか、眺めたり、手放したり、別の形で受け取ったりするプロセスが欠かせません。この時間は、画材に触れ、アートワークをじっくりと体験していきます。
アートの経験やスキルは一切問いません。援助者の自分から離れ、アートの力を借りながら本来の自分として過ごしてみませんか。
 
日時: 金曜日19:00~21:00
 
5/19(金)「支援者としての理想と現実って?」
6/16(金)「支援者としてのオンとオフって?」
7/21(金)「自分のコアにあるものは?」
 
参加費:1回4500円、3回12000円(画材費込)
 
会場:アップコンセプト・スタジオ 
 
講師:辻ロビン、倉石聡子
 
対人援助者向けシリーズのチラシは、http://apconcept.jp/news/2017/01/06/16-17-59/
 
お申し込みはこちら
 

2017 年 4 月 29 日

子どもの心のサインを知る・寄り添うための講座

毎月第2・4木曜日の10時より、アップコンセプトで開催中。
保護者及び子どもと関わる方を対象とした勉強会です。
 
言葉が未発達な子どもたちは、遊びや絵、しぐさや行動などによって自分の気持ちを表現しています。子どもの心のサインをどのように読み取り、返していくのか、実際の事例や体験を交えながら学んでいきます。
子育て中の方、子どもと関わる方であればどなたでもご参加頂けます。
※お子様連れでご参加できますが、託児などがございませんので目を離さないようにお願い致します。
 
5月以降、第2木曜日は簡単なワークシートに沿って、表情や行動、遊びや創作などから、子どもの表現しているもの、その背景にある子どもの気持ちについて理解を深めていきます。
各回ごとにテーマを定め、子どもの発達や、心理学の考え方などにも触れていきます。
身近に関わる子どもを客観的に見つめ直し、対応していく上でのヒントが得られるかもしれません。
 
第4木曜日は、体験を通してお子様やご自身への理解を深めることを目的とします。実際に簡単なアートワークを行い、色や形で表されたものから、無意識にあるものに気付いたり、自分自身と対話するような感覚を体験します。
これらの体験は、子供達がどのように非言語で内的世界を表現しているか理解する手がかりとなるかもしれません。
(アートの経験やスキルは一切必要ありません。)
 
 
-------------------------------------
日時:毎月第2・4木曜日 10:00~11:30
 
場所:アップコンセプト・スタジオ
 
参加対象者:子育て中の保護者、子どもと関わる方
 
参加費:3000円※杉並子育て応援券が使えます
 
講師:倉石聡子(臨床心理士、アートセラピスト)
 
お申込み方法:当団体ホームページ、プログラムの予約フォームより。
または、メール(studio@apconcept.jp)でお名前と参加希望日をご連絡ください。
 
お問合せ:studio@apconcept.jpまたは070-6635-1515(スタジオ直通)
 
 
●年間予定*テーマや内容は予告なく変更する場合があります。
 
5月11日 勉強会「子どもの心のテーマとは?」
5月25日 アートセラピーの体験「木のシンボル」
 
6月15日 勉強会「子どもの好き嫌いは?」
6月22日 アートセラピーの体験「好き」と「嫌い」
 
7月13日 勉強会「子どもの五感、身体感覚って?」
 
8月 お休み
 
9月14日 勉強会「子どもの身体が表現するものとは?」
9月28日 アートセラピーの体験「自分の身体と色」
 
10月12日 勉強会「子どもの感情発達とは?」
10月26日 アートセラピーの体験「いろいろな感情」
 
11月9日 勉強会「子どもの想像力とは?」
11月23日 アートセラピーの体験「この扉を開けたら」
 
12月14日 勉強会「子どものレジリエンスとは?」
12月28日 アートセラピーの体験「一年を振り返る」
 
 
お申し込みはこちら
 

2017 年 3 月 31 日

子どものグループアートセラピー参加者募集

アップコンセプト・スタジオでは、子どものグループアートセラピーを学期ごとに開催しています。
 
例えば、
園や学校などの集団で課題を感じている
自分をうまく表現できない
創作や描画に苦手意識が強い
不安や緊張が高い、など
 
お子様の様子を見ながら、目標やプランを決めて取り組んでいきます。
気持ちをほぐすアート、関わり合いを促すゲームや遊び、グループのルール作りなど、セラピストと小人数の子どもたちでメンバー固定のグループとなり、継続して行っていきます。
安全な空間で、安心できる仲間と、創作を通して協働したり、お互いに認め合ったり、課題に挑戦したりしていきます。
 
小集団のアート活動の中で以下のようなものが育まれていきます。
ー自己肯定感や自尊心
ーソーシャルスキルやコミュニケーション力
ー表現への喜びや人と関わる楽しさ
これらの力は、より大きな集団の中で、また今後の成長において、子ども達の生きる力となることでしょう。
 
開催日 : 4月〜7月、9月〜12月、1月〜3月 不定期の金曜日、月曜日(仮)
時間: 15:30~16:45
※参加者間の調整により日時が変更になる場合があります。)
セラピスト:倉石聡子(アップコンセプト)
参加費 : 1回3000円×実施回数(画材材料費、保険料込)
 
お申込にあたって:
・なるべく事前にオープンアトリエに参加するなど、実際のスタジオの雰囲気や画材に触れてみてください。(アトリエ参加1回 1500円)
・グループ開始前に対面またはメールにてお子様の様子を詳しくお聞かせください。
・グループの目標、個人の目標などを検討し、他のメンバーとの組み合わせを行います。
・曜日と時間を決定し、グループを開始します。
(既に活動が始まっている場合、そのクールは途中回からの参加となります。)
・参加費は初回に一括でお支払いください。
・決定した日時にグループは開催されます。欠席の場合の振り替えができませんのでご了承ください。
・1クール終了した後に振り返りシートをお渡しし、保護者の方と振り返りを行います。(メールなど)
 
ご相談やご質問など、お気軽にご連絡ください。
studio@apconcept.jp

2017 年 3 月 30 日

コドモと楽しむモノ作りワークショップ年間予定

毎月第2土曜日に開催中の「コドモと楽しむモノ作りワークショップ」は、週末に親子で参加頂けるプログラムです。
創作を通して親子で楽しい時間を過ごすこと、様々な素材に慣れ親しんでいくことを目的としており、「アートセラピー」のプログラムではありません。
 
これまで、「クリスマス、お菓子の家づくり」「家族のフォトフレーム作り」「ランプシェード作り」「家族のフラッグ作り」など毎月テーマを決めて創作してきました。
年間予定が決まりましたので、チラシをご参照の上、お早めにお申込みください。
 
4月8日(土)は、来たる子どもの日に向けて、親子で「布こいのぼり」を作ります。
昨年もこの時期にこいのぼりワークショップを開催しました。自分のため、幼い弟のため、これから生まれる兄弟のため、親子で心を込めて制作していた姿がとても印象的でした。
こいのぼりといっても、男の子に限らず、女の子も大歓迎です。
親子で、またお友達とお誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。
 
第1回目 13:00-14:30
第2回目 15:00-16:30
 
アップコンセプト・スタジオにて
杉並区下井草4-31-15
 
参加費: 親子で2500円(材料費込)
※杉並子育て応援券は3歳以上から使用できます。
 
講師: 早川正浩 (はやかわまさひろ)
カリフォルニア州立大学ロングビーチ校芸術学部アート専攻卒業。株式会社サニーアワーズにてオリジナルの子ども雑貨の製造販売、国内外の玩具や文具の仕入れに携わる他、国内のイベントやフェスなどで子どもや親子向けワークショップの企画実施を行っている。
 
お申し込みはこちら
 

IMG_0865
 
IMG_0866
 
IMG_0274

2017 年 2 月 18 日

親子ワークショップ&えほんの時間

3歳から小学生の子どもとご家族のための「コドモと楽しむモノ作りワークショップ”ファミリーフラッグ作り”」、乳幼児親子のため「えほんの時間」を開催致しました。
スタジオでは、絵本や創作などを介して、親子の豊かなコミュニケーションを支えるお手伝いしたいという願いのもと、この活動を行なっています。
ここでは、「うまく創る」とか「ちゃんと座って聞く」ということは目的ではありません。「その子どもらしい、家族らしい表現の仕方に寄り添うこと」「大人も子どもも寛ぎながら共に過ごす時間」を大切にしていきたいと思います。
また来月のご参加をお待ちしております。
 
〈次回のプログラム〉
☆コドモと楽しむモノ作りワークショップ
3/11(土)①13:00〜14:30 ②15:00〜16:30
講師:早川正浩(サニーアワーズ)
この日は「ランプシェード作り」を行います。
枕元に置いてほっと安心できるようなシェードを和紙やアクリル板で作っていきます。
 
☆えほんの時間
3/15(水) 10:00〜11:00
読み聞かせスタッフ:原由利子、村井美和
今月の絵本のテーマは「春の訪れ」です。読み聞かせと絵本の紹介を行なった後、風船を使った創作と遊びを行います。
 

16730407_1205620802866972_4039284358769086302_n
 

16806977_1205620806200305_798384221389608374_n
 

16807414_1205620826200303_6538364946237606199_n

2017 年 1 月 6 日

対人援助者のためのアート【2017年シリーズ】

昨年秋よりスタートした、対人援助者のためのスタディーグループは好評を頂き、2月でシリーズ終了を迎えます。
 
2017年度は、スタディーグループに加え、新たに対人援助者のためのセルフケア・アートと題し、援助者のセルフケアに焦点を当てた体験的なグループを3回シリーズで開催していきます。
 
「対人援助者のためのアート2017」年間予定が決まりましたので、チラシをご参考ください。
 

2016 年 12 月 22 日

子どものグループアートセラピー体験参加者募集(1月スタート)

アップコンセプト・スタジオでは、子どものグループアートセラピーを学期ごとに開催しています。
 
例えば、
園や学校などの集団で課題を感じている
自分をうまく表現できない
創作や描画に苦手意識が強い
不安や緊張が高い、など
 
お子様の様子を見ながら、目標やプランを決めて取り組んでいきます。
気持ちをほぐすアート、関わり合いを促すゲームや遊び、グループのルール作りなど、セラピストと小人数の子どもたちでメンバー固定のグループとなり、継続して行っていきます。
安全な空間で、安心できる仲間と、創作を通して協働したり、お互いに認め合ったり、課題に挑戦したりしていきます。
 
小集団のアート活動の中で以下のようなものが育まれていきます。
ー自己肯定感や自尊心
ーソーシャルスキルやコミュニケーション力
ー表現への喜びや人と関わる楽しさ
これらの力は、より大きな集団の中で、また今後の成長において、子ども達の生きる力となることでしょう。
 
開催日 : 1月〜3月 不定期の金曜日 全6回
(1/20、2/10、2/17、2/24、3/17、3/24)
時間: 15:30~16:45
セラピスト:倉石聡子(アップコンセプト)
参加費 : 1回3000円(画材材料費、保険料込)
 
お申込にあたって:
・事前にオープンアトリエに参加するなど、実際のスタジオの雰囲気や画材に触れてみてください。(アトリエ参加1回 1500円)
・対面またはメールにてお子様の様子を詳しくお聞かせください。
・グループの目標、個人の目標などを検討し、他のメンバーとの組み合わせを行います。
・曜日と時間を決定し、グループを開始します。
(既に活動が始まっている場合、そのクールは途中回からの参加となります。)
・参加費は初回に一括でお支払いください。
・決定した日時にグループは開催されます。欠席の場合の振り替えができませんのでご了承ください。
・1クール終了した後に振り返りシートをお渡しし、保護者の方と振り返りを行います。(メールなど)
 
ご相談やご質問など、お気軽にご連絡ください。
studio@apconcept.jp

2016 年 12 月 20 日

コドモと楽しむモノづくりワークショップ開催レポート

2016年12月より「コドモと楽しむモノづくりワークショップ」がスタートしました。
地域で子育て中の方々にも手軽に参加頂けるよう、杉並区子育て応援券事業として認可されています。応援券のページはこちら
 
初回となる12月17日は、子ども時代に誰もが憧れたことのある「お菓子の家」を作りました。
初めの土台づくりから、屋根や煙突、デコレーション・・
アイディアを出し合いながら、親子で協力して作業していきました。
途中、手元のお菓子をパクリ。賑やかで笑いの絶えないひと時となりました。
 
このワークショップは、立派な作品を仕上げることが目的ではなく、親子でモノづくりを楽しむことが目的です。
次回1月14日(土)は、フォトフレーム作りを行います。
家族のお気に入りの写真を一枚持参して、家族らしい色や模様、シンボルなどをあしらって、オリジナルのフォトフレームを作りませんか。
 
日時:毎月第2土曜日午後(13:00〜、15:00〜入れ替え制)
場所:アップコンセプト・スタジオ
参加費:親子で2500円 (子ども1名、大人1名の単位でお申し込みください)
※杉並子育て応援券は3歳から就学前のお子様に限りご利用いただけます。
お申込は申込フォームより。またはstudio@apconcept.jpまで、お名前、お子様の年齢、参加希望回、連絡先電話番号を記載の上、お申し込みください。
 
お申し込みはこちら
 

img_0274
img_0276
img_0275

2016 年 11 月 30 日

こどもアトリエ開催報告(2016年9月、11月)

こどもアトリエ開催報告(2016年9月、11月)
 
子どもゆめ基金より助成を受けて実施中の「こどもアトリエ」、4歳から小学生の子ども達が9月、11月もたくさん参加してくれました。
 
9月は「土粘土に挑戦」をテーマに、初めて触れる土粘土の感触を楽しみました。
みんなで粘土体操して、体をほぐした後は、叩いたり、こねたり、型押ししたり、形作ったり、思い思いに土粘土と格闘していく姿が印象的でした。
終了後は、なんだか気分もすっきりしたような、晴れ晴れとした表情の子ども達でした。
 
11月は「ぼくの、わたしの、たからばこ」をテーマに、箱作りを行いました。
みんなの宝物は何?大切に思う気持ちって?そんな問いかけに、それぞれが自分の気持ちを振り返りながら、大切な自分だけの宝箱を製作していきました。
中に入れたいものについて、自分の宝物について、創作後はそれぞれの気持ちをたくさんお話してくれました。
 
次回は来年1月、「みんなのお花を咲かせよう」、3月「アルミホイルアート」です。
ご参加をお待ちしております。
お申込み、詳細はこちら http://apconcept.jp/news/2016/04/26/17-24-25/
 
IMG_0582
 
IMG_0583

 

« 前のページ