プログラム

*CATとはクリエイティブ・アーツ・
セラピーの略称です。

2009 年 12 月 7 日

「大人のための表現アクティビティーグループ」1月、2月のご案内

1月のグループ

グループ内容
1月9日(土) 「初夢2010」
遠い未来に思えた2010年、あなたはどのように新年を迎えましたか?初夢と言えば、昔から1富士2鷹3茄子などと言われますが、見たい夢を見ることはなかなかできないものです。今回のグループでは、イメージや連想、アートなどを用いて自分だけの初夢を自由に見て聴いて体験して頂きたいと思います。
 
ファシリテーター:井口雅子、倉石聡子
1月23日(土) 「CAT流心理占い」
雑誌やネットに溢れる心理占いは、時に迷う心を後押ししてくれたり、自分を励ましてくれたりするものです。自分って本当はどんな人?自分の性格や深層心理を、CAT(クリエイティブ・アーツ・セラピー)流に紐解いてみましょう。世界に一つだけの心理占いは、どんな答えを出すのでしょうか?
 
ファシリテーター:倉石聡子、井口雅子

 
 

 

2月のグループ

グループ内容
2月13日(土) 「バレンタイン特別企画:自分へのラブレター」
バレンタインは大好きな人に大切な気持ちを伝える特別な日です。拝啓、自分・・・・。あなたの人生で最もつきあいが長く深い相手、あなた自身に宛ててラブレターを書いてみませんか?大切な人を想うように、自分を愛おしむ気持ちを言葉で紡ぐ機会になればと思います。
 
ファシリテーター:井口雅子、倉石聡子
2月27日(土) 「自分の木の下で」
詳細は後日お知らせします。 
ファシリテーター:倉石聡子

 
 

 

言葉だけでは表しきれない思い、まだ聴こえない自分の声、知らずにたまっていくストレス・・・
このプログラムでは、アートや音楽、ムーブメント、ドラマといった様々な表現を用いて、自分と対話するプロセスを大切にしていきます。
経験や知識などは一切必要ありません。「うまい」「へた」といった価値観にとらわれず、自分の創造性に身を任せ、気持ちが解放される、五感が刺激される、表現を通して自己を見つめる、などの体験を味わってみてください。

 
*グループは毎月開催されます。内容は随時アップしていきます。

 
時間:第2・第4土曜日 午後1時30分~3時30分
   1回のみの参加、テーマを選んでの参加、連続しての参加、などご自由に。
場所:がんばれ子供村ビル4F研修室
   東京都豊島区雑司が谷3-12-9
   JR/東京メトロ/西武池袋線/東武東上線 池袋駅徒歩10分
   東京メトロ 雑司ヶ谷駅/都営荒川線 鬼子母神前駅徒歩7分
定員:20名
料金:1回3500円(2回同時に申し込む場合、1回3000円)
対象:CATに興味のある一般の方、医療・福祉・教育・心理等の分野に関わっている方、学生。
   ※現在治療を受けられている方は事前にご相談ください。
お申し込み方法:1回のみの参加、テーマを選んでの参加、連続しての参加が可能です。
   内容をご確認の上、ご希望の日時を指定してお申し込みください。
   尚、複数回をまとめて申し込まれる場合は、全ての日にちをご記入ください。
お申し込み先:info@apconcept.jp

 

本文に下記を記載の上メールにてお申し込みください。

[1]氏名
[2]住所
[3]連絡先電話番号
[4]参加を希望する回(日付・タイトル)
[5]参加動機

その他、ご質問などございましたら、info@apconcept.jpまでご連絡ください。

 
※注意事項

・現在、精神的な疾患等で通院されている方は事前にご相談ください。
・参加費は当日会場にてお支払いいただきます。
・参加者が3人以上に満たない場合は開催を見合わせます。その場合、開催日前日の
 17:00までにお電話でご連絡いたします。

*このグループはCAT(クリエイティブ・アーツ・セラピー)の考え方や実践に基づいて行われます

 
CAT(クリエイティブ・アーツ・セラピー)とは・・・

CATとは、表現活動を意図的に用いる諸芸術療法、アートセラピー、ダンス/ムーブメントセラピー、ドラマセラピー、ミュージックセラピー、表現アーツセラピーの総称です。CATは、誰もが持つ創造性を活かすことにより、性別・年齢・障害を問わず、あらゆる対象者の自己成長や自己実現を目指し、医療・福祉・教育・心理の分野で幅広く柔軟に適用されています。
米国では9.11テロやハリケーンカトリーナ等、人災・天災などのメンタルケアとして注目が高まっています。現国務長官ヒラリー・クリントン氏が、その普及活動をバックアップしており、NY州では精神保健分野で州資格化されました。日本では教育機関が整備されていませんが、海外で学んだ専門家により近年国際会議が開催されるなど徐々に認知されはじめています。

 
例えばこんな方におすすめです。
  ○ストレスを発散したい
  ○自分をもっと知りたい
  ○人との関わり方を見直したい
  ○表現することを楽しみたい
  ○表現を使ったセラピーを体験してみたい
  ○仕事に生かしたい