2010 年 2 月 26 日

大人向け表現アクティビティーグループ「自分へのラブレター」開催されました

2月13日に豊島区雑司が谷の「がんばれ!子供村」にて大人のための表現アクティビティグループが開催されました。今回はバレンタイン前日ということもあり、特別企画として「自分へのラブレター」のテーマで集いました。
当日は朝からみぞれ混じりの冷たい雨。暖かい部屋でチョコレートを頬ばりながら自身への手紙をしっとりとしたためる、そんな参加者の期待(!?)は大いに裏切られ、意外なキャラクターや今まで語られなかった自分のストーリーと出会う不思議な時間となりました。
身近にいながら存在すら気づいていなかった”彼””彼女”、まずは紙の上に登場してもらいます。彼らはどんな人?あなたに何を伝えたい?

“彼ら”のイメージを深め、”わたし”との関係を探っていく内に、”彼ら”からのメッセージがより明確になっていきます。いよいよ”彼ら”が”わたし”に手紙をしたためる時。そこにはどのような言葉が紡ぎだされるでしょうか??

【参加者の声】
初めて“セラピー”とつくものに参加しました。申し込みするまでは”セラピー”は心に傷のある人のものという固定観念もあり、参加を決めるまでは色々考えました。実際に参加してみると、絵を描いたり描いた絵でストーリーを使って表現したり、日々の生活では体験できない時間を過ごすことができました。自分自身を振りかえることが出来て本当に良かったです。次回も参加したいと思います。
(30代・男性)