2016 年 7 月 17 日

「心に働きかけるアートー対人援助職のためのスタディ-グループ」9月スタート

対人援助に携わる方を対象とした全6回のスタディーグループがスタート致します。
言語発達が未熟な子どもたち、 言葉にするのが辛い経験をした人たち、思考にとらわれて本来の感情にアクセスするのが難しい人たちなど、言葉のみの働きかけでは十分な援助ができないと感じたことがあるかもしれません。
 
アートなどの諸芸術を用いたアプローチを取り入れて安全に相手の心に働きかけるためのヒントを、実際の体験を元にアートセラピーの考えに触れながら学んでいきます。テーマを選んでの参加、連続しての参加が可能です。
 
対象者
教育、医療、福祉、心理などの分野で、対人援助に表現活動を取り入れたい方
 
テーマ
(1)画材の特徴と心理的な影響
(2)心を開くことをサポートするアート
(3)ウォーミングアップ(導入)のアート
(4)支援者の自己認識を高めるアート
(5)グループワークの形が与える影響
(6)クロージング(終結)のアート
 
日程:9/16(金)、10/14(金)、11/11(金)、12/9(金)、2017/1/15(日)、2/10(金)
時間:金曜日は19:00~21:00、日曜日は10:00~15:00
参加費:4500円(画材材料費込)、1/15(日)のみ8000円 ※全回参加29000円
場所:アップコンセプト・スタジオ→井草地域区民センター(杉並区下井草5丁目7番22号)に変更となりました。詳細は申込み時にお知らせいたします。
講師:辻ロビン(アートセラピスト)、倉石聡子(アートセラピスト/臨床心理士)
 
お申し込みはこちら
 
詳細についてはチラシをご覧ください。
 
スタディ-グループチラシ