2012 年 11 月 11 日

公開シンポジウム「子ども支援に活かすクリエイティブ・アーツ~表現あそびがたがやす子どもの心~」が開催されます!

 ※申込みフォームを利用して参加申し込みをされた方へのお願い!!
 

 申込フォーム不都合が発生し、お送りいただいたお申込みフォームが事務局に届いてない可能性がございます。
お心当たりのある方、また、申込みをしたが事務局より連絡メールの届かない方は、シンポジウム事務局までメールでご一報ください。
 
シンポジウム事務局info@apconcept.jp
 
お手数をおかけして、誠に申し訳ございせん。

 
 

子どもは皆、表現への欲求とそれから学ぶ力を持っています。評価にとらわれず自由に表現し、表現したことをありのままに受け入れられる体験は、子ども時代の心の成長には欠かせないものです。
この会では、子ども支援の担い手となる参加者と共に、自由な表現を保証し、見守る時間がなぜ大切なのか、そのために大人がどのような存在であるべきかを考えます。
日々の子どもとの関わりにおいて、ここで得たことを活かすと共に、子ども支援に関わる人とのネットワークづくりを後押しする機会にしたいとも考えています。
ふるってご参加ください。        
 
  
■基調講演
「こころの声が言葉になる~院内学級の子どもたちが教えてくれた大切なこと~」
副島 賢和(品川区清水台小学校さいかち学級)
  
■体験授業
「さあ、みんなでアプライドドラマ!お話の世界に飛び込もう!」
オーハシヨースケ(身体詩パフォーマー/NPO 法人祈りの芸術TAICHI-KIKAKU 副理事)
  
■分科会
「学習を促進するアート表現」 
小野京子(臨床心理士、国際表現アートセラピー学会認定表現アートセラピスト、表現アートセラピー研究所代表)
「からだの触れ合いがこころを育む」
神宮京子(アメリカ・ダンスセラピー協会認定ダンス/ムーヴメントセラピスト、DMTLab 代表)
「多様な単位で支える子どもの育成 ~ハワイの音楽療法に学ぶことも支援のありかた~」
大竹孔三(米国音楽療法協会認定音楽療法士、ノードフロビンズ音楽療法士)
  
■全大会
「ワールドカフェで今日一日を振り返ろう」 
井口雅子(北米ドラマセラピー協会認定ドラマセラピスト、APCONCEPT)
倉石聡子(アートセラピスト、臨床心理士、APCONCEPT)                                 
  
  
日時:2013年1月14日(月・祝) 10:00~16:30
 
会場:がんばれ!子供村ビル全館 (東京都豊島区雑司が谷3-12-9)     http://www.kodomomura.com  
 
参加費:無料 
 
定員:80名(先着順)  
 
対象者: 教育・医療・福祉・心理などの分野で子どもに携わる方、表現活動を行っている方、地域で子どもに関わる活動を行っている方、行政関係者、保護者、学生など

 
申込方法:下記内容を記載の上、事務局までお申し込みください。 
1.代表者氏名  2.参加人数  3.所属などあれば  4.参加動機  
申込先メール info@apconcept.jp

 
主催団体 APCONCEPT www.apconcept.jp
       N-CAT(Network of Creative Arts Therapists)  www.n-cat.jp