2011 年 11 月 29 日

CAT情報 :ミシュカの森2011「悲しみを支えるもの」12月10日開催!

ミシュカの森2011「悲しみを支えるもの」にて、アートセッションを行います。
イベントについては右記より抜粋いたします。(http://www.nhk.or.jp/nhkvnet/v-info/data/1112/49194_03552.html)
 
 日時:2011年12月10日(土) 午後2時~午後5時(予定)
 場所:女性就業支援センターホール(港区芝5-35-3)
   JR田町駅 三田口(西口)から徒歩3分
   地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅A1出口から徒歩1分
 参加費:1000円(どなたでも参加できます)
 主催:入江杏とミシュカの森実行委員会
 共済:上智大学グリーフケア研究所
   上智大学文学部哲学科
   ベグライテン
  
世田谷事件から11年、柳田邦男氏、日野原重明氏らの励ましを受け、
悲しみからの修復を探ってきました。
 
震災を経た今年は、上智大学グリーフケア研究所や文学部哲学科の共催で、
悲しみを、いのちを育む力に変えていこうと模索する方々と手を携える企画となりました。
 
「銀河鉄道の夜」の朗読を基調通音に、アートを軸に世田谷事件から今回の震災に至るまで、
地域支援に関わる方々をお招きする予定です。
 
従来の単線的な「援助する」・「援助される」と言う関係性を超えた、
思考と行動を模索していけたらとの日頃の思いを形にできたらと思っています。
 
思いを繋ぐアートセッションにもご参加頂けます。
たくさんの方々のご来場を心よりお待ち申し上げております。