プログラム

*CATとはクリエイティブ・アーツ・
セラピーの略称です。

2015 年 7 月 12 日

ドラマセラピーフェスティバル2015「つながり」のお知らせ

今年で8回目を迎えるドラマセラピー・フェスティバルを、2015年8月30日に新宿で開催いたします。
ワークショップのプログラムが決定し、参加お申し込みの受付を7月より開始しますので、お知らせさせていただきます。
 
今年のテーマは「つながり」。
今回のフェスティバルでは、頭、心、身体、全部をひっくるめて、つながりを考え、感じることができる内容が揃いました! 
様々なドラマワークや、ボディワークが体験できる、贅沢な1日です。
ぜひご参加くださいませ。
多くの皆様におあいできますことを、楽しみにしております。
 
JDTIドラマセラピー・インスティテュート 一同
 
**********************************************************
『ドラマセラピーフェスティバル2015~つながり~』
 
日時   2015年8月30日(日)10:15~19:30(受付開始10時)
会場   芸能花伝舎(東京都新宿区西新宿6-12-30)
参加費  早割申込(7/31(金)迄) 1日7000円/学生5000円
一般申込(8/1(土)から) 1日8000円/学生6000円
※午前のみ4000円/午後のみ5000円/懇親会のみ1000円
対象者 心理・医療・福祉・教育・コミュニティーその他の領域でドラマを活用している方、
ドラマの多様性に興味のある方、学びたい方、楽しみたい方、知り合いたい方など、どなたでも。
お問合せ JDTI事務局 info@jdti.org
 
申込方法 JDTIホームページの申込フォームからお申し込みください。
http://jdti.org/dtfestival-application/
 
折り返し参加費振込先などをメールにてお知らせいたします。
お申込後一週間たっても連絡がない場合は、
info@jdti.orgまでお問い合わせください。
 
※フェスティバルの情報は
http://jdti.org/festival/tsunagari2015/
 
☆☆プログラム☆☆
 
10:00 受付
 
10:15-12:15 全体ワークショップ ドラマセラピーでつながる、今
 
13:15-15:15 WS1&WS2 (WS1/WS2から1つ選択してご参加ください)
 
WS1 世界一ゆるーーーい憲法のおべんきょう~演劇メソッドで楽しく体験する“憲法って何???”~
中家八千代(プレイバック・シアターtomorrow/ともろう)
WS2 「悩み」の中の登場人物になりきって対話を重ね合う
-「As If ワーク」による対話劇の試みと「リフレクティングプロセス」による多声的・多重的対話の展開-
田代順(山梨英和大学教授・臨床心理士・精神保健福祉士)
 
15:30-17:15 WS3&WS4 (WS3/WS4から1つ選択してご参加ください)
 
WS3 言葉を超えて、ポーズで気持ちは伝わるか?~気持ちポーズ・アニメーション(ボアールの「イメージ・シアター」の応用)~
松田裕樹(身体でイメージを形にするワークショップ主宰)
WS4 つながりにひかりをあてる
滝波日香理(アレクサンダーテクニーク教師)
 
17:30-19:30 ドラマフェスティバル ~声&動き&懇親会~

2013 年 12 月 15 日

朗読で元気をつなぐプロジェクト

NPOキャンサーリボンズが主催する「朗読で元気をつなぐプロジェクト」のお手伝いをしました。9月は喘息患者さんとご家族と11月は糖尿病患者さんとそのご家族と、それぞれ東京と大阪で開催されました。

声を出して読むという経験、本を通しての気持ちや感想を通して、同じ病を経験した患者さん同志が交流し、思いを共有することで元気になることを目的とした活動。

参加された皆さんはいつまでも話が尽きず、笑顔で帰って行かれたのが印象的でした。

詳細はこちら

2011 年 12 月 3 日

朝日新聞にミシュカの森のアートプロジェクトが紹介されました!

12月3日の朝刊にて、ミシュカの森2011にて行われるアートプロジェクトが紹介されました。
 

 
今年のミシュカの森では、当日参加される方だけでなく、事前参加も募り、「銀河プロジェクト」を行います。
参加者1人1人がお星さまに願いを託し、互いに励まし合い、支え合うシンボルとして、大きな銀河を作り上げていきます。ぜひ会場にも足をお運びくださいます。
 
イベント詳細に関してはこちら→http://apconcept.jp/news/2011/11/29/00-14-46/

2011 年 11 月 29 日

CAT情報 :ミシュカの森2011「悲しみを支えるもの」12月10日開催!

ミシュカの森2011「悲しみを支えるもの」にて、アートセッションを行います。
イベントについては右記より抜粋いたします。(http://www.nhk.or.jp/nhkvnet/v-info/data/1112/49194_03552.html)
 
 日時:2011年12月10日(土) 午後2時~午後5時(予定)
 場所:女性就業支援センターホール(港区芝5-35-3)
   JR田町駅 三田口(西口)から徒歩3分
   地下鉄(都営浅草線、都営三田線)三田駅A1出口から徒歩1分
 参加費:1000円(どなたでも参加できます)
 主催:入江杏とミシュカの森実行委員会
 共済:上智大学グリーフケア研究所
   上智大学文学部哲学科
   ベグライテン
  
世田谷事件から11年、柳田邦男氏、日野原重明氏らの励ましを受け、
悲しみからの修復を探ってきました。
 
震災を経た今年は、上智大学グリーフケア研究所や文学部哲学科の共催で、
悲しみを、いのちを育む力に変えていこうと模索する方々と手を携える企画となりました。
 
「銀河鉄道の夜」の朗読を基調通音に、アートを軸に世田谷事件から今回の震災に至るまで、
地域支援に関わる方々をお招きする予定です。
 
従来の単線的な「援助する」・「援助される」と言う関係性を超えた、
思考と行動を模索していけたらとの日頃の思いを形にできたらと思っています。
 
思いを繋ぐアートセッションにもご参加頂けます。
たくさんの方々のご来場を心よりお待ち申し上げております。
 

 

2011 年 9 月 3 日

CAT情報 :クリエイティブ・アーツ・セラピー・フェスティバル2011、10月開催!

★「クリエイティブ・アーツ・セラピーフェスティバル2011〜象徴(シンボル)〜」
アートセラピー、ダンス/ムーブメントセラピー、ドラマセラピー、ミュージックセラピー、表現アーツセラピー。
これら5つの諸芸術療法を海外の研究・教育機関などで学び実践している専門家たちのワークショップ大会です。
3月の震災で延期になっていた今年のフェスティバル、10月開催が決定いたしました!
 
日時:2011年10月10日(月・祝) 10:10〜17:00
場所:芸能花伝舎(東京都新宿区)
参加費:1日 一般10,000円 学生8,000円
    (1ワークショップ参加の場合 一般5,000円 学生4,000円)
 
プログラム  午前 WS1.テーマ「鏡」 ドラマ/ダンス
          WS2.テーマ「夢」 ミュージック
          WS3.テーマ「タイムトラベル」アート/ダンス
       午後 WS1.テーマ「物語り」表現アーツ
          WS2.テーマ「仮面」 アート/ダンス/ミュージック
       全体会
  
お問合せ/お申し込み:N-CATホームページより→www.n-cat.jp
 
主催:N-CAT(Network of Creative Arts Therapists)
 
  

2011 年 7 月 8 日

CAT情報

APCONCEPT井口が講師を担当する「心に寄り添う・災害ボランティア育成講座」、及びサリー・ベイリー氏 来日ワークショップ「ドラマセラピーと脳の働き」「心に寄り添う・災害ボランティア育成講座」に関するご案内です。
つづきを読む »

2011 年 2 月 23 日

CAT情報 春のフェスティバルのお知らせ

3月は2つのフェスティバルが開催!

 

★「クリエイティブ・アーツ・セラピーフェスティバル2011〜象徴(シンボル)〜」
アートセラピー、ダンス/ムーブメントセラピー、ドラマセラピー、ミュージックセラピー、表現アーツセラピー。
これら5つの諸芸術療法を海外の研究・教育機関などで学び実践している専門家たちのワークショップ大会です。
  
日時:2011年3月21日(月・祝) 10:10〜17:00
場所:芸能花伝舎(東京都新宿区)
参加費:1日 一般10,000円 学生8,000円
    (1ワークショップ参加の場合 一般5,000円 学生4,000円)
  
プログラム  午前 WS1.テーマ「鏡」 ドラマ/ダンス
          WS2.テーマ「夢」 ミュージック
          WS3.テーマ「タイムトラベル」アート/ダンス
       午後 WS1.テーマ「物語り」表現アーツ
          WS2.テーマ「仮面」 アート/ダンス/ミュージック
       全体会
   
お問合せ/お申し込み:N-CATホームページより→www.n-cat.jp
  
主催:N-CAT(Network of Creative Arts Therapists) 
  
  
★「ドラマセラピー・フェスティバル2011〜ドラマを仕事にしたい!〜」
ドラマという共通項でつながる人々が、経験や知識を分かち合うイベントです。
「ドラマを仕事にしたい!」というテーマを、さまざまな角度から考えます。
  
日時:2011年3月26日(土)10:00〜20:00
場所:芸能花伝舎(東京都新宿区)
参加費:8,000円(午前のみ4,000円/午後のみ5,000円/懇親会1,000円)
定員:60名(先着順)
  
詳細/お申込み:日本ドラマセラピー研究所ホームページより→http://www.geocities.jp/jpdramatherapy/2011miniconference2.html
  
主催:日本ドラマセラピー研究所

2010 年 12 月 15 日

ミシュカの森2010‐10年目の世田谷事件追悼の夕べ‐にてウィッシュツリー制作を行いました

「ミシュカの森2010ー10年目の世田谷事件追悼の夕べー」にて

 

 

2000年12月30日に起きた世田谷事件から10年の月日が流れました。
今年で4回目となるこの追悼イベント。

 
会場には犯罪被害者ご遺族を始め、近隣の区民の皆さん、若い学生さん、支援者、メディア関係者など、多くの方が集いました。
来場者一人一人が様々な思いを胸に、第一部、第二部とご遺族の話、心温まる歌や読み聞かせ、シンポジウムに耳を傾けました。

つづきを読む »

2010 年 7 月 20 日

CAT情報(クリエイティブ・アーツ)

ルネ・エムナー博士による「ドラマセラピーの体験的学びの一日ワークショップ」開催!
ドラマセラピーは、「ドラマ・演劇のプロセスと結果を系統的、また意図的に用いて、症状を緩和する治療を行なったり、感情的・身体的な統合をすすめたり、また個人の成長を達成させようというもの」です。(米国ドラマセラピー学会の定義)。
このワークショップは、参加者の想像力・創造力・即興力が、自然に楽しみながら引き出され、段階的に発展していくグループプロセスを体験できる内容です。それはちょうど、子どもたちが心を解放させるプロセスそのものです。
今回は、米国におけるドラマセラピーのパイオニアである、エムナー氏から直接学べる大変貴重な機会です。(通訳がつきます)

  

■講師:ルネ・エムナー博士
CIIS カリフォルニア統合学研究所(大学院大学)にドラマセラピー学科を創設、現在も学科長を務める。元米国ドラマセラピー学会会長
  
■主催:ドラマセラピー教育・研究センター
http://dtcenter.hopto.org/
  
■後援:立命館大学大学院 応用人間科学研究科
  
■日程:2010年10月2日(土曜)時間:10:30―17:30
  
■場所: 東京都板橋区内(会場は、申し込み後にご案内します)
  
■募集:30名(7月18日現在、残席11名)
  
■受講料:13000円(早割)7月末日までにお申し込みの場合(先着順)
それ以降は 15000円(通常申し込み) 
  
■お問いあわせ・申し込み:
dramatherapy331-hp@yahoo.co.jp に以下の項目を書いてお送りください。折り返し、詳しいご案内をお送りします。
  
氏名・連絡先電話番号・ご職業(職種)・このWS受講希望理由・ドラマセラピー体験の有無(あるかたは、どちらで体験されたか)

2010 年 4 月 27 日

水戸NPOらいずの皆さんとアートセラピーグループを開催しました

3月20日(土)茨城県赤塚ミオスにてアートセラピーのグループをおこないました。
DV当事者とその家族を支援するNPOらいずスタッフの皆さん、ネットワークの方々、医療大学の学生さん達が参加しました。 

現在は当事者家族を支援する立場にある方も、創作のプロセスとシェアリングの時間を通して自分自身の気持ちを振り返ることができたようでした。また、セルフケアの大切さも実感することができました。

アートや表現を用いたセルフケアの活動が、地域の中で根付き、育てられていくことを楽しみにしています。

« 前のページ